酵素ドリンクやスムージーを使ったファスティング(断食ダイエット)の楽ヤセをご紹介します

ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び

断食

糖尿病を断食で治す方法

更新日:

糖尿病 断食

透析治療を行う前に断食は試されましたか?

「糖尿病は治らないもの」

世間一般的には、糖尿病にかかってしまうと、治療は難しいというのが一般的な認識です。

しかし、それはあくまで一般的な医療世界での知識であって、見方や実際に糖尿病を克服してしまった方も多くいらっしゃいます。

一般的な常識を覆して糖尿病がよくなることがある方法、それが断食です。

 

断食を始めて1ヶ月後から変化が現れる

「透析治療を始めましょう。尿クレアチンの値がガイドラインが基準値以上です。」

このように医師から診断されてから断食を始め、1ヶ月から2ヶ月程度で良い方向に向かうこともあるようです。

断食療法を始めて、1ヶ月後には多くの方が腎機能などを含めた値が正常値まで戻るようです。

しかも、実際に透析治療に入ってしまわれた患者さんの一部まで、症状が改善される場合もあるのです。

ただし、病状が思わしく無い方が、独学で断食治療を行う場合危険な可能性があります。

したがって、その場合は専門の断食医療を行っている、専門家の意見を聞きながら取り組むことが望ましいでしょう。

 

断食が糖尿病を治してしまう

なぜ、断食で糖尿病が治るケースがあるのでしょうか。

後天的な糖尿病であれば、ほとんどの場合タイプは2型と呼ばれる生活習慣による糖尿病です。

2型の糖尿病にかかってしまった場合、膵臓から分泌されるインスリンの分泌が枯渇することが原因です。

インスリン自体が供給できなくなる場合の他にも原因があります。

血中のブドウ糖を、細胞内に取り込む為のインスリンに対して、レセプターの感受性が鈍くなる場合です。

これは、ブドウ糖を細胞に取り込むことができない状態です。

2型の糖尿病の中でも、現在では食べ過ぎによるレセプターが鈍くなることが原因である方が多いようです。

 

断食でインスリンの効きを取り戻せる場合がある

レセプターが鈍くなる原因は、はっきりしていています。

単純に「食べ過ぎ」が原因でレセプターの感受性が弱まっているため、「食べ過ぎなければ良い」訳です。

食べないことで、自然に身体はインスリンレセプターの感受性を高めてます。

そのため、再び効率的にブドウ糖を血中の取り込むことができるようになります。

しかも食べないことでインスリン量も減るため、膵臓も休めることができます。

腎臓も際限なく食べていることで、尿として毒素を外に排泄している訳ですから、断食で腎臓も休めることができます。

薬では糖尿病の対症療法は可能であっても、薬を使わずに生活できるようになることは難しいでしょう。

しかし、断食を行うことによって糖尿病をコントロールできる可能性は十分あり得ます。

場合によっては、完治に近い状態にまで戻る場合もあります。

 

ドイツには「断食はメスを使わない手術」という言葉がある

「断食は医者泣かせ」

「断食で治らない病気はない」

とはよく言ったもので糖尿病ですら、薬いらずの体に戻してくれることがあるのです。

ただし、気を付けて欲しいこともあります。

例え断食で糖尿病を克服したとしても、その後、元の食生活に戻ってしまえば以前と同じです。

必ず再び糖尿病の危険に直面することとなります。

糖尿病などの病気にかかった事実は「生活習慣の誤りであることの明確なサイン」なのです。

食生活に明らかな問題があるため、糖尿病になってしまったのです。

これまでの生活習慣は必ず改善するようにしてください。

生活習慣の乱れは、糖尿病以外にも、必ず何かしらの大病をもたらすことでしょう。

とても苦しい糖尿病の治療で消耗する前に、まず断食療法を始めてみませんか。

→正しい断食の方法

→ファスティングでダイエットを3ヶ月で確実に成功させる方法

断食

失敗しない酵素ドリンクの選び方

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。

なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。

そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。

  • 楽に痩せたい!
  • つらい思いをしたいくない!
  • 失敗は絶対したくない!

もしこんな不安があるのなら、こちらの酵素ドリンクランキングがきっと参考になるはずです。

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-, ,

Copyright© ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び , 2017 AllRights Reserved.