酵素ドリンクやスムージーを使ったファスティング(断食ダイエット)の楽ヤセをご紹介します

ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び

断食

少食になる3つのメリット

更新日:

少食になる3つの方法

こんにちは!

  • 少食になれたらどれだけ楽に痩せられるだろう…
  • 食べないで生活できたらダイエットと無縁なのに…
  • どうやったら少食になれるのかな?

あなたは毎日の食生活に、こんなことを感じたことはありませんか?

私も食べることが大好きで、ご飯もおやつも食べちゃうのでその気持ちは本当によく分かります。

実際、少食になるとたくさんのメリットがあります。

少食になれば、ダイエットや生活習慣病の改善にも大きな効果があります。

他にも昼間に眠くなりにくく、睡眠が深くなり、睡眠時間が短くても平気になるなどたくさんのメリットがあります。

私たちは健康であることが本来の姿であり、体に異常を感じた時は必ず原因があります。

そして、その原因の中でも最も身近で問題なのが食べ過ぎです。

今回は少食になる3つのメリットについてご紹介させていただきます。

 

少食は習慣にできる

少食は習慣にできる

色々な人の食生活を観察すると、明らかに食べ過ぎです。

食べ過ぎの食生活の解消には、限られた時だけ食事の量を減らすのではなく、いつも少ない量にする必要があります。

最初は食事の量を減らすことに、抵抗を感じるかもしれません。

それでも最初の一歩を踏み出す必要があるのです。

一週間で良いので、まずは始めてみましょう。

目標を持ち続け、毎日の体の変化を感じてみてください。

 

体が元気になる!

朝起きた時の目覚めの良さ、日中の集中力などに変化を感じるはずです。

少食になる効果を感じることができれば、食べて得られる快感よりも、メリットがあること実感できるのではないでしょうか。

習慣が一週間続けば三週間、三週間続けば三ヶ月、一度習慣化してしまえばあとは自動的に続けることができるようになります。

意識する必要が無くなるのです。

 

食べる量を減らせば痩せる!

少食になるメリットのうち、誰もが期待する効果は「ダイエット」ですね!

実際に少食の習慣が身に付けば、自然と痩せられます。

お腹周りが気になるのであれば、今の生活が食べ過ぎと運動不足であるサインです。

摂取エネルギーが消費エネルギーを上回っているため、余った糖質が中性脂肪として体に蓄積されるのです。

しかし、少食になればその心配はありません。

 

ダイエットの本質が大切

体の仕組みは、食べるよりも使うエネルギーが大きくなれば、自然に痩せるのです。

運動だけで痩せるなどの、続けることが難しい一過性のブームに乗せられるのは終わりにしましょう。

ダイエットの本質は食事の量のコントロールです。

 

少食で元気に!健康に!

一般的に体力つける場合、たくさん食べることがすすめられます。

風邪の時、体調不良の時、怪我をした時、夏の暑い時ですね。

とにかく体に問題が起こった場合、起こりそう場合には、たくさん食べて栄養をとることが必要だと教わりましたよね!

しかし、近年では体力を付けるためには「食べないこと・食べ過ぎないこと」が正しいと、これまでの通説が実は違うという意見も聞かれるようになりました。

体力を付けるためには、実は食べないことが望ましいのは事実です。

食べる量を減らせば減らすほど、体も心も元気になります。

食べる量を、少し減らせば少し健康になります。大きく減らせば、大きく健康になります。

 

消化には大きなエネルギーが必要

食事をすると胃腸で消化されます。

あまり知られていませんが、消化という作業は体に大きな負担をかけています。

人の基礎代謝は、体熱の維持と消化が一日のエネルギーのうちのほとんどを占めています。

そして、たくさん食べて消化負担が大きいほどエネルギーを消費します。

食べれば食べるほど消化に負担がかかり、体は疲れてしまいます。

食べ過ぎにいいことは何もありません。

 

野生動物は体調が崩れると断食する

野生動物は怪我をしたり病気になると断食する。少食になり食べなくなる。

野生動物は怪我をしたり、病気にかかると食事をしなくなります。

本能的に食べないことが回復に繋がり、病気の治りが早くなるのを知っているのです。

あなたも風邪をひくと食欲が無くなりますよね。

これは体が本能的に消化負担を減らし、体の免疫系の働きを高めるための防御反応なのです。

風邪をひいて食欲が無い時に無理やり食べると、消化負担によって風邪の治りが遅くなります。

何かしらのストレスにより食欲が無くなることも、ストレスに抵抗するための防御反応です。

体がストレスに対抗するために、食欲を減らし体に抵抗させることで精神的ストレスと戦うための反応です。

 

食べないことで活力を感じるテスト

機会があれば夕食を食べない日を作ってみてください。

きっと、慣れていないので、朝お腹がとても減っていることでしょう。

それでもがまんを続けて、朝食の量を少なくするか、何も食べずにその日を過ごします

そうすると、眠気が無く、いつもよりも集中力が高いことに気付くはずです。

消化負担がなく脳に十分な血液と酸素が届いているためです。

自分の体で身を持って体験すると、少食の習慣のメリットを感じることができるでしょう。

 

なぜ栄養学は間違ったことを教え続けているのか

なぜ「活力を付けるために食べる必要がある」という誤った教えが広まったのでしょうか。

そして今でも信じて疑わない人がいるのでしょうか。

それは栄養学の父と呼ばれているカール・フォイトが広めた説が一般となっているからだと言われています。

この通説は食品業界の圧力によって、捻じ曲げられ広まったとも言われています。

より食べてもらわなければ、食品業界は潤わないという理由です。

その結果が肥満に伴う生活習慣病の患者の増加です。

少し前の時代まではありえないことでした。

 

睡眠時間にも変化が

suiminn少食になり、体に活力が生まれると次に何が起こるか。

それは睡眠時間が短くなり、効率の良い眠りを得られるということです。

食べる量が減ると、睡眠中の消化負担も減少します。

たくさんの食事の後に眠ると、消化を強いられながら眠ることになります。

消化は睡眠中であっても大きな負担です。

負担を抱えながら眠れば質も悪くなるのです。

 

食事が睡眠に与える影響の実験

食事が睡眠にどれだけ影響を与えているかを体験してみましょう。

  • 23時を過ぎて肉を中心にたっぷり食事する
  • 21時までに野菜を中心に適切な量の食事をする

どちらが朝の目覚めが良いか実験してみます。

そうすると、ほぼ確実に後者が快適に目覚めることができます。

食生活がしっかりしている人は、朝起きた時点で差を付けていることになります。

朝早く起きることができ、しかも日中も精力的に活動ができます。

こうなるとよいスパイラルを描くようになり、文字通りあなたの生活がすっかり変わります。

もし、あなたが今の生活を変えたいと願っているのなら、食事から見直してみることをおすすめします。

なお、少食になるためには一度痩せてしまうことも一つの方法です。

一度ダイエットをし、そこからキープするために食生活を守る方法です。

>>一気に痩せて少食に!断食ダイエットのやり方とは?

 

少食になるためはまず痩せる

少食になるためにまず痩せる

ここまでで、少食になると、どんないいことがあるのかをご紹介してきました。

食べる量が減ると痩せ、健康にもなり、メリットばかりです。

ですが、少食になるための習慣を身につけるにはやはり努力が必要です。

そこで少食になるための、逆説的な発想として「まずダイエットする」ということを提案したいと思います。

なぜ唐突にダイエットなのか。

その理由は体のホルモンの仕組みです。

 

満腹中枢の働きが麻痺する

これから紹介することは、すでに痩せている人にはあまり関係のないことではありますが、

太り気味な方には深く関係しています。

少食になるためには食欲の制御が欠かせません。

簡単に言うと「少量でお腹がいっぱいになればOK」なのですが、ここにレプチンというホルモンの働きが関係しています。

レプチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンで、脳がレプチンを感知すると「お腹がいっぱい」だと感じます。

しかし、太り気味な人は、レプチンが分泌され続けているのにも関わらず、満腹感を感じにくいのです。

なぜなら、レプチンが常に分泌されている状態では、だんだん麻痺して満腹感をなかなか感じられなくなるからです。

つまり、この状態のまま少食の習慣を身につけるのはとても難しいのです。

太ったまま少食になることは難しいため、まず痩せてから少食になる方が早いのです。

 

こんな方法で痩せてみる

酵素不足を解決する

少食になるために、逆説な方法として「まず痩せる」という方法をご紹介しましたが、ここでは私がおすすめのダイエット方法をご紹介します。

私がおすすめしたいダイエット方法は以下の2つです。

  • 断食ダイエット
  • プチ断食ダイエット

 

断食ってどんなダイエット

断食ダイエットは文字通り断食によってダイエットする方法です。

食事の代わりに、断食専用のドリンクで置き換えることで断食します。

断食ダイエットでは1日当たり1キロ痩せられます。

断食ダイエットは、食事をせずにドリンクだけ飲んで過ごすため、空腹のストレスあるため少し大変です。

しかし1日間で1キロ、3日間で3キロと、短期間で大きく痩せられるのがメリットです。

ダイエットドリンクの選び方さえ間違わなければ、誰にでもチャレンジできるのでおすすめです。

>>短期で必ず痩せる!断食の方法とやり方とは

 

プチ断食ダイエットで痩せる

食べなきゃ痩せる

プチ断食ダイエットは1日のうち、朝食の一食をダイエットドリンクで置き換えるダイエット方法です。

1ヶ月あたり2〜3キロ、2ヶ月なら4〜5キロのダイエット効果が期待できます。

断食ダイエットのような即効性はありませんが、徐々に痩せられるダイエットのため、リバウンドの危険性が少ないことが魅力です。

ストレスがほとんど無く、妊婦さんや授乳中の方をはじめ、どんな方でも安心して取り組めるのが魅力です。

食べる量が減り、自然に少食の習慣が身に付くのも大きなメリットでしょう。

 

>>少食の習慣が自然に身につく!プチ断食の効果と方法・やり方とは?

断食

失敗しない酵素ドリンクの選び方

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。

なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。

そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。

  • 楽に痩せたい!
  • つらい思いをしたいくない!
  • 失敗は絶対したくない!

もしこんな不安があるのなら、こちらの酵素ドリンクランキングがきっと参考になるはずです。

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-,

Copyright© ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び , 2017 AllRights Reserved.