酵素ドリンクやスムージーを使ったファスティング(断食ダイエット)の楽ヤセをご紹介します

ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び

断食

プチ断食ダイエットで痩せる為に必要な3つのこと

更新日:

プチ断食ダイエット

プチ断食にチャレンジする方が増えています。きっとこのページに訪れてくれたあなたもプチ断食に感心を持ってくれていたり、これからプチ断食にチャレンジしようという方なのでしょう。はたまたチャレンジしたもののうまくいかずにヒントが欲しくて訪れたのかもしれません。

ですが心配ご無用。プチ断食はダイエットで最も大切な要素である食べる物のコントロールですので正しいやり方さえ知っていれば痩せます。

プチ断食ダイエットは痩せます

まずちゃんとやり方を間違えずに実行すれば痩せると理解しましょう。理解せずにチャレンジすることと、理解してチャレンジすることには雲泥の差があります。

理解した上で務めることは物事を正しく進める上で重要です。

では何故人は太ったり、痩せたり、維持したりするのでしょうか。それはごく単純なことが要因です。

running-573762_640

食べたカロリーよりも消費したカロリーが多いこと

これがほぼ全てです

つまりどれだけ制限した"つもり"であっても消費したカロリーが少なければ痩せません。余ったカロリーは当然脂肪として徐々に徐々に身体に付いていきます。

これを積み重ねると…想像できますよね。

一日の「まあいっか。明日から。」の積み重ねがお腹に付いていくのですね。

痩せる為に必要な3つのこと

では痩せる為のプチ断食のポイントにはどんな物が挙げられるのでしょうか。

私がプチ断食にチャレンジしてきた中で本当に大切だと感じた3つのことはこのようなものでした。

  • よく噛み、ゆっくり食べ、量を減らす
  • 間食をしない
  • 脂質ではなく糖質を減らす

まず量を減らすことについて考えていきましょう。

よく噛み、ゆっくり食べ、量を減らす

どれだけ食事を抜いても食べている時の量が異常に多いと意味がありません。食事を抜いた分別の時間の食事で抜いた分を補うほどに食べてしまっては何の意味もありませんね。

これを防ぐ為に有効なのが昔から親に言われてきた「よく噛んで食べる」ことです。

よく噛む(…これは一口で20回を目標に噛むとよいでしょう)と当然食べるスピードはゆっくりになります。そしてよく噛むことで炭水化物は唾液によって分解されて早めに吸収されやすくなります。よく噛むとすぐに効果が現れ、血糖値が上がります。そうなると身体は少ない量で十分に満足を得ることができます。

結果的に一食当たりの食べる量は激減します。そもそも満腹感とは食べる量ではないのです。少ない量でもよく噛むことで十分に満腹感を得ることができます。

間食をしない

これも重要です。

どれだけ食べる量を減らし、努力してもすぐにその努力をふっ飛ばすのがこの間食です。間食の魔力は小腹の空く15時台や夕食後の21時以降にやってきます。

この時に甘い物をぱくぱく食べているとあっという間に一食分並みのカロリーとなってしまいます。しかも糖分がメインですので太りやすいことこの上ありません。

ちなみに清涼飲料水なども正直「かなりヤバイ」ので絶対控えるようにしましょう。できればプチ断食中に飲むのであれば酵素ドリンクなどにしておきましょう。美味しいのにカロリー全然違いますよ。

脂質でなく糖質を減らす

太りやすいものとして代表的な物が糖質と脂質です。

糖質はご飯やパンや砂糖など指します。脂質はお肉などに含まれる脂や、ポテトチップスなどの揚げ物に使われるオイルがありますね。

このうちどちらの方が太りやすいと思いますか?

答えは糖質です。実は脂質というのは思っている以上に太る原因とは言えないようです。もちろん摂り過ぎは禁物ですし、太る原因には十分になる可能性がありますので油断は禁物です。

ですが太る原因の主たる理由は糖質です。ごはんやパン、お菓子などの食べ過ぎ。ジュースなどの飲み過ぎ。これを控えて減らすように努力する必要があります。

断食

失敗しない酵素ドリンクの選び方

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。

なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。

そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。

  • 楽に痩せたい!
  • つらい思いをしたいくない!
  • 失敗は絶対したくない!

もしこんな不安があるのなら、こちらの酵素ドリンクランキングがきっと参考になるはずです。

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-,

Copyright© ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び , 2017 AllRights Reserved.