酵素ドリンクやスムージーを使ったファスティング(断食ダイエット)の楽ヤセをご紹介します

ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び

断食

肥満は遺伝とは限らない

更新日:

dna-163466_640

「親が太っているから、自分が太ってしまうのはしかたないこと」

最初から、肥満を運命のように思っていませんか?

太りやすいと感じている人は、確かに肥満しやすい遺伝子を持っているかもしれません。

しかし、遺伝はご存知のように、必ず次世代に伝わるというものではありません。

あくまで、その遺伝子を持っているということにすぎないのです。

肥満に悩む人には、実は遺伝以外に共通している条件があります。

 

生活習慣7割、遺伝3割

  • 親が標準体重の子の肥満する確率は10%
  • 父か母のどちらかが肥満の場合の子供の肥満する確率は30%
  • 両親ともが肥満の場合では子供が肥満する確率は70~80%

このように言われています。

しかし、これを聞いただけで「親が肥満だから、自分が肥満であることは遺伝だ」と考えるのは早急です。

飢餓時代を生きぬくために、身体に脂肪を多く蓄えることができる遺伝子を、親から受け継いで持って生まれたということです。

決して肥満と言う体型が遺伝することとはイコールではありません。

遺伝よりも、食べ過ぎ、運動不足、不摂生などの、生活習慣という後天的な理由の方が原因になりやすいのです。

最近では、肥満は遺伝的要因よりも、生活習慣により発症しているケースが多くなっていると言われます。

肥満の発症はほぼ生活習慣が7割、遺伝的な要因は3割という見方が有力です。

肥満に関係する遺伝子の中に、β3アドレナリン受容体というものがあります。

この遺伝子は日本人のおよそ30%が保有するといわれていますが、アメリカ人では日本人の3分の1である10%の保有率しかありません。

ですが、日本人よりはるかに太り過ぎに悩む国民が多く、「肥満大国アメリカ」とうれしくない異名をとるのはなぜでしょうか?

遺伝ではなく、大量の油っぽいジャンクフードと炭水化物、食べる量が日本人から見るとほぼメガサイズという過食ぶり、これらの生活習慣がアメリカ人を肥満へと追いやっているのです。

 

hamburger-801942_640

親が食べている物を子も食べる

食べ物の好みや食習慣が作られる、幼少のころからどんな食事をしていたか考えてみましょう。

肥満している親だけが、脂と糖質まみれの食べ物を過食していて、子どもだけは適量の一汁一菜の質素な食生活ということは珍しいでしょう。

きっと、親が食べている同じものを、子どもが一緒に食べているはずです。

つまり、子どもは肥満体型になってしまう人の食習慣と、同じ食べ方を毎日していたということです。

このことから親が太っているせいで遺伝により自分が太った、ということではありません。

肥満である人と、同じ生活習慣が身についていたため、太りやすくなったということがわかります。

ほぼコントロールは可能

以上のことより、肥満は遺伝的な要因より生活習慣で多く発症することがわかりました。

たとえ両親とも太っているという、高い確率での肥満遺伝性を持っていたとしても、肥満しない食習慣と適度な運動習慣を身に着けることで肥満は防げるのです。

肥満は遺伝による確実なものではなく、自分自身が肥満をしないようにコントロールが可能なものです。

量を食べ過ぎないこと、太りやすい食品をなるべく避けること、無理のない運動を日々の習慣とすること以上に肥満を予防する最善策はありません。

おすすめのダイエット記事

→がっつり短期間で痩せる人向けの断食ダイエット

→少し長めの期間でストレス無く痩せるプチ断食ダイエット

断食

失敗しない酵素ドリンクの選び方

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。

なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。

そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。

  • 楽に痩せたい!
  • つらい思いをしたいくない!
  • 失敗は絶対したくない!

もしこんな不安があるのなら、こちらの酵素ドリンクランキングがきっと参考になるはずです。

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-,

Copyright© ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び , 2017 AllRights Reserved.