断食

断食後(ファスティング)の回復食と成功させるポイントとは

投稿日:2015年2月1日 更新日:

断食(ファスティング)後には回復食が必要だと分かっていても、「メニューが分からないし、どうしたらいいか分からない!」という方も多いのではないでしょうか。

何を食べてもよいのか、何を食べてはいけないのか、なんてことを知りたいですよね。

今回は回復食に必要な日数からメニュー、食べてもよいもの、食べたら悪いものまで全部ご紹介します。

ぜひあなたの断食に役立ててくださいね。

 

断食(ファスティング)の回復食は何日やればいい?

回復食は何日やればいい

断食(ファスティング)後の回復食は、いったい何日するとよいのでしょうか?

回復食の日数は、実は断食の日数で変わります。

断食の日数が短いほど回復食の日数も短くなり、断食の日数が長くなるほど回復食の日数も長くなります。

◆断食(ファスティング)と回復食の日数の関係

  • 断食1〜3日間 ⇒ 回復食1日
  • 断食4〜6日間 ⇒ 回復食2日間
  • 断食1週間  ⇒ 回復食3日間
  • 断食2週間  ⇒ 回復食4日間
  • 断食3週間  ⇒ 回復食5日間

※1週間を越える断食は、必ず医師や専門家の指導を受けながら挑戦しましょう。

 

【注意点】断食(ファスティング)の種類による回復食の日数の違い

断食で下痢になる原因とは

もしあなたが水断食(水ファスティング)をされる場合は、ご紹介した日数よりも少し長くなってしまいます。

安全性を考慮して水だけで断食をすることを推奨していません。

水断食の場合、回復食は断食日数と同じ期間が必要です。

◆【注意】水断食の回復食は別!

  • 断食1〜3日間 ⇒ 回復食1〜3日
  • 断食4〜6日間 ⇒ 回復食4〜6日間
  • 断食1週間  ⇒ 回復食1週間
  • 断食2週間  ⇒ 回復食2週間
  • 断食3週間  ⇒ 回復食3週間

こんなふうに置き換えのドリンクを使わない場合は、回復食の期間は長くなってしまうためとても大変です。

そのためかならず置き換えのドリンクを利用しましょう。

中でもわたしがおすすめしているは、酵素をたっぷりと使った酵素ドリンクです。

 

断食(ファスティング)の回復食の基本メニューとは

断食(ファスティング)の回復食はの基本は、重湯・お粥です。

重湯から始めて、お粥に移行し、徐々に普通食に戻していきます。

いろんな食材がありますが、何を食べたらいいか分からないという方は、ご紹介するメニューを参考にしてみましょう。

  1日目 2日目 3日目
回復食1日
  • 朝:お粥
  • 夕:お粥
  • 普通食
  • 普通食
回復食2日間
  • 朝:重湯
  • 夕:重湯
  • 朝:お粥
  • 夕:お粥
  • 普通食
回復食3日間
  • 朝:重湯
  • 夕:重湯
  • 朝:お粥
  • 夕:お粥
  • 玄米食を軽く(白米と軽い副菜で代用可)
  • わかめと豆腐の味噌汁
  • しらすおろし
  • 漬物など

 

お粥の作り方

おかゆ・お味噌汁・復食

◆おかゆの材料

  • お米 ⇒ 50cc
  • 水  ⇒ 250cc

①お米を洗う

お米をよく洗い、30分水につける。

②火にかける

強火、沸騰後弱火に。

③かきまぜる

はしやおたまで軽く混ぜます
※鍋の底に焦げ付かないように気を付けてください

④弱火のまま煮る

フタをして15〜20分ほどそのままにします。
フタをずらすと吹きこぼれしにくくなります。

⑤蒸らし

火を止めて5〜10分ほど蒸らします。

 

重湯の作り方

omoyu_kaifukushoku

◆重湯の材料

  • お米(炊飯済み) ⇒ 大さじ1杯
  • 水 ⇒ 150cc

①煮る

白米と水を鍋に入れて弱火で煮込む。

②濾す(こす)

ざる・茶こしでお米を濾す。

 

断食(ファスティング)の回復食で食べていい物は?ヨーグルトはあり?

回復食で食べても良いのは?

ここまでで、断食(ファスティング)後の回復食のメニューをご紹介しました。

基本はやっぱり重湯とお粥です。

しかし、重湯とお粥以外は回復食にならないのでしょうか。

 

回復食の目的とは?

回復食は体調不良を起こさないため必要です。

断食(ファスティング)明けに急に高栄養な物を食べると、体がショックを起こして体調を大きく崩す場合があります。

体調不良を起こさないために必要なのは、急に高栄養な物を食べないことで、油分をとらないことが特に重要です。

回復期間 食材
重湯の代用(主に1日目)
  • スムージー◯
  • ウィダーインゼリー△
お粥の代用(主に2日目)
  • フルーツ、果物(いちご、すいか、みかん、ばなな、りんご、など)
  • 具なし味噌汁◯
  • 玄米クリーム◯
  • ゼリー△
軽めの食事(最終日)
  • 豆腐◯
  • うどん◯
  • そうめん◯
  • 梅干し◯
  • えだまめ◯
  • おにぎり◯
  • 野菜(かぼちゃ、キャベツ、豆、大根、など)
  • ヨーグルト△(無脂肪のみ)

 

断食(ファスティング)の回復食で食べてはいけない物は?注意点はある?

断食の回復食で食べてはいけない物は?注意点はある?

回復食で食べてもいい物をご紹介しました。

反対に回復食で食べてはいけない物はあるのでしょうか。

回復食で避けるべきなのは「油」と「動物性タンパク質」です。

特に回復食中の油分はかなり危険なので避けるようにしてください。

やっぱり基本は「重湯」と「お粥」です。

私も、一度断食(ファスティング)後にアボカドを食べて体調を崩したことがあります。

分類 食材
油分
  • ナッツ
  • アボカド
  • カレー
  • カロリーメイト
  • ケーキ
  • チョコレート
  • コーンスープ(コーンポタージュ)
  • ラーメン
動物性タンパク質
  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • その他肉類
  • 乳製品(チーズ、牛乳、生クリームなど)

 

断食(ファスティング)に回復食が必要な理由とは?長期のあとに失敗すると怖い?

断食に回復食が必要な理由とは?長期断食のあとに失敗すると怖い?

断食(ファスティング)に回復食が必要なのは、体調不良を起こさないためです。

なぜ断食すると体調を崩してしまうのでしょうか。

普段、あなたの体は食べた物、特にブドウ糖を中心に体を維持しています。

ですが断食をしてブドウ糖が切れると、体は脂肪をエネルギーとして利用し始めます。

そうすると、体は普段と違うエネルギーの使い方をしているため、高栄養なものに対して対応ができないのです。

この時に急に高栄養な物を食べると急激な変化が起きて、体が対応できずに重い症状になります。

これをリフィーディング症候群と呼びます。

※リフィーディングとは再栄養という意味

 

断食・ファスティングで回復食を楽にするために

断食にオススメの飲み物

断食(ファスティング)で回復食を楽にするためには、さきほどもご紹介させていただいた通り、置き換えのドリンクがおすすめです。

本来は回復食をするなら断食と同じ日数必要です。

ですが食事の代わりにドリンクを飲むと回復食の期間を短縮できます。

最低限の糖分やビタミン、ミネラルを補給することで早く体を回復させられるのです。

断食には欠かせないものなので、安全のためにも必ず利用しましょう。

断食ダイエットを失敗しないための酵素ドリンク選び

「断食ダイエットで今度こそ絶対に痩せたい!」

「痩せたい気持ちはあるけれど、つらい思いはしたくない…。」

断食ダイエットにはむずかしいというイメージがありますが、正しいやり方を知ると思ったよりもずっと楽にできます。

そして正しい断食ダイエットのやり方の中でも、とても重要なのが専用の飲み物を使うこと。

酵素ドリンク・コンブチャ・スムージーなど、いくつも種類がありますが、一番にオススメしたいのは酵素ドリンクです。

たっぷりの酵素や栄養が詰まった酵素ドリンクは、断食ダイエット中の空腹感をやわらげてくれ、栄養が足りないことで起こる体調不良も防いでくれます。

これから断食ダイエットに挑戦しようと考えているのであれば、ぜひランキングで比較してみてくださいね。

 

断食ダイエットを成功させるためのステップ

>>断食のデトックス効果とは

>>断食の便秘解消効果とは

>>断食のダイエット効果とは

>>安全で正しい断食のやり方

>>断食中の飲み物と水分補給の方法

>>断食が終わったあとの回復食とは

>>水だけで断食するのが危険な理由

>>断食ダイエットで挫折しない方法

 

日数別の断食メニュー

>>1日間断食 -1キロ痩せる

>>3日間断食 -3キロ痩せる

>>5日間断食 -5キロ痩せる

>>一週間断食 -6キロ痩せる

 

断食ダイエットに最適なサポートドリンク

>>【徹底比較!】おすすめ酵素ドリンクランキング

>>【徹底比較】人気のおすすめコンブチャランキング

>>【決定版】人気のおすすめのスムージーランキング

>>【比較】人気でおすすめのジュースクレンズランキング

>>【決定版】ダイエット青汁ランキング

 

-断食
-,

Copyright© ダイエットマニア - あらゆるダイエットの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.