断食

断食ダイエットでリバウンドしない予防・防止方法はコレ!

投稿日:2016年12月29日 更新日:

断食でリバウンドしない防止方法とは

「断食ダイエットで痩せられるって聞くけど、リバウンドするって聞くんだよね。」

「がんばって痩せると、かならずリバウンドするんだけどどうしたらいいのかな?」

このように断食ダイエットには興味があっても、リバウンドが気になってチャレンジできないと感じている人は多いようです。

ですがけっしてそんなことはなく、リバウンドするかしないかはやり方ひとつ。

断食ダイエットで痩せられた人はたくさんいて、リバウンドしない人もたくさんいます。

そもそもリバウンドしやすいのは、断食ダイエットだけではありません。

リバウンドするといわれるダイエットには、ある共通点がありました。

それがリバウンドしやすい理由に体を守るための「体の仕組み」です。

今回は断食ダイエットがリバウンドするといわれる理由と、その予防方法についてくわしくご紹介します。

 

断食でリバウンドする理由とは

caution

断食ダイエットでリバウンドしてしまうのは、短期間で急激に痩せるためです。

つまり断食に限らず、リバウンドは短期間で痩せられるダイエットに共通した悩みで、その予防はだれでも考えておかないといけない課題。

そして予防方法を知る前に、まず原因を知っておくこともその第一歩です。

 

体は元に戻ろうとする性質を持つから

断食ダイエットや短期間で痩せるダイエットでリバウンドするのは、体が持つ「元の状態に戻ろうとする性質」のためです。

これを生体恒常性(ホメオスタシス)と呼び、急激に体重が減ることで「飢餓状態!非常事態!」体がカン違いしてしまう時にスイッチが入ります。

はっきりとした条件はわかっていませんが、ホメオスタシスのスイッチは、1ヶ月以内で2キロ以上の体重が落ちる時に入るのだとか。

またリバウンドしやすい状態は、およそ一ヶ月ほど続くといわれていますから、断食に成功したあともしばらくは注意が必要です。

 

筋肉の量が落ちて基礎代謝が下がるから

短期間で痩せるダイエットをすると、脂肪だけではなく筋肉まで落ちてしまい、基礎代謝が下がってしまうことも原因です。

一度ならまだいいのですが、何度もリバウンドを繰り返していると、その度に筋肉を量が減ってしまい、基礎代謝もどんどん下がっていることに。

そうなると太りやすく痩せにくい体質へと変わってしまい、その後はぷよぷよと脂肪が増えていくばかりになってしまいます。

 

ダイエット成功後に糖質と脂質を食べすぎる

リバウンドしてしまう何よりも大きな理由は、ダイエットできてもそのあとに食べすぎてしまうこと。

そしてその中でも「糖質」と「脂質」は、せっかく痩せた体に脂肪を戻してしまう最大の原因です。

  • ご飯
  • 麺類
  • スナック菓子
  • 甘い物
  • 揚げ物

どれだけがんばって断食ダイエットに成功しても、こんなものをパクパク食べていると間違いなくリバウンドしてしまうことでしょう。

 

断食でリバウンドしない防止方法はコレ!

断食でリバウンドしない!したくない!

ダイエット後のおそろしいリバウンドですが、予防する方法は3つあります。

◆リバウンドの予防方法

  1. かならず回復食をする
  2. できるだけ運動をする
  3. 糖質と脂質の量は減らす

この3つのことを守ると、ほとんどのケースでリバウンドしなくて済みます。

それにどれもむずかしいことではありません。

日常生活の中でできることです。

 

①断食ダイエット後にはかならず回復食をする

断食ダイエットでリバウンドしないために、かならず回復食をしましょう。

しばらく食べることをガマンする生活が続くと、そのあとはストレスから解き放たれた開放感と痩せられた喜びから、すぐにでもおいしいものを食べたくなりますが、ここは耐えましょう。

しっかりと回復食をして、体を普通食(元の食事)に徐々に戻して吸収のし過ぎを防ぐのです。

断食ダイエットの直後はとくにエネルギーを貯め込みやすい時期ですから、ここで回復食をしないと一気に元通りになってしまうおそれも。

それにリバウンドに関わらず、断食ダイエットを安全にやりきるためにも回復食は必要です。

回復食の大切さについては、こちらの記事も参考にしてください。

 

 

②できるだけ運動をする

断食ダイエットのあとには、できるだけ運動をすることをおすすめします。

短期間に痩せると、どうしても基礎代謝が落ちてしまうことから、これを防ぐために運動をしましょう。

理想は筋トレですが、むずかしい場合はランニングやウォーキングでも大丈夫。

とにかく体を動かして、筋肉の量を落とさないことと、できれば少しでも増やすことが大切なのです。

「太くしたくないから運動もイヤだ」

こんな声も聞こえてきそうですが、ちょっとの運動では太くすることはまずできないので安心してください。

 

 

③糖質と脂質を減らす

断食ダイエットのあとは、食事をガマンしていた分たっぷりと食べたくなるもの。

ご飯や麺などの糖質や、脂っこいものはとくに食べたくなりますよね。

でもせっかく痩せられたのに、すぐに糖質や脂質を食べると、あっという間にリバウンドですから量を減らしましょう。

具体的にはご飯や麺などの炭水化物をいつもの半分以下、その代わりにおかずを多く食べてください。

おかずも野菜やお肉など、タンパク質の量を増やすとお腹もいっぱいになるし太りません。

これも慣れですから、まずは3日間だけでも糖質と脂質を減らしてみましょう。

糖質と脂質って、意外と食べなくても大丈夫なものですよ。

 

まとめ

ご紹介してきたとおり、断食ダイエットなどの急激に痩せるダイエットにはリバウンドの悩みがいつもあります。

それは体が急激に痩せたことを「飢え」とカン違いしてしまうから。

そうなると体は栄養をできるだけ使わないようにし、効率的に溜め込める状態へ変わってしまいます。

こんな状態にならないように、断食ダイエットのあとには回復食をする、運動をする、太るものを食べすぎない、この3つに気をつけるようにしてください。

当たり前のようですが、これ以上にリバウンドを予防できる方法はありません。

それにリバウンドは、食べすぎなどやってはいけないことをやってしまっているから起こるのです。

せっかく痩せられたのなら、リバウンドをしないように予防に努めてみてくださいね。

 

 

-断食
-, , ,

Copyright© ダイエットマニア - あらゆるダイエットの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.