酵素ドリンクやスムージーを使ったファスティング(断食ダイエット)の楽ヤセをご紹介します

ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び

断食

断食の効果は精神にも良い影響を与える

更新日:

断食で心の洗濯を

断食には精神にとても良い効果をもたらします。ほとんどの方は健康面やダイエットを目的とした断食に取り組まれることが多いと思います。

ですが、断食というのは実は精神面についてもプラスの効果をもたらします。

特に長期間の断食を行うことは様々な心の成長を促すこととなります。長期間の断食を行う場合は長期の休みなどで取り組む必要が出てきます。長期の休暇と長期の断食をすることで、必然的に様々なことを考える機会が増えることになります。

通常の生活をしているとどうしても「今日食べる物」「今目の前の仕事」「週末にやらなければならないこと」「友達との約束」といった必要ではあるけれども考え方によっては「ノイズ」である思考に埋め尽くされてしまいます。

このノイズを断つ機会。それが断食であると言えます。

 

 

食べないことで思考が冴え渡る

食べないことで思考は冴え渡ります。

まず、脳の栄養素はご存知でしょうか。「脳の唯一の栄養素はブドウ糖」などと言われています。ブドウ糖ははちみつなどに豊富に含まれている単糖類で、果物などからも多く摂取可能です。また、砂糖からも無駄なく摂取できます。

思考が必要な頭脳労働を行った後に甘いものを食べたくなるのは実はこのブドウ糖不足から起こっています。

ですが、さらに面白い事実があります。「ブドウ糖は脳の唯一の栄養」というものは実は事実ではありません。もし仮にブドウ糖が本当に唯一の脳の栄養なのだとしたら長い期間食べられない人たちやあえて長期間食べない人達の脳は栄養素が全くないことになってしまいます。

ですが彼らは私達と同じように思考することができます。むしろ断食者は集中力が高い場合が多いのです。

これには理由があります。ブドウ糖以外の脳の栄養素が大きく関わっています。その栄養素を「ケトン体」といいます。

ケトン体を栄養素として使っている脳はα波を出します。α波は通常であれば睡眠中や極度にリラックスしている状態の時に見られる脳波です。集中している時にも見られます。

つまりケトン体を栄養素として動いている脳は集中力が極めて高い状態にあると言えるのです。

では、どうやってケトン体を栄養素として使用するのか。その答えが「食べないこと」なのです。ケトン体を使用する条件は単純に「ブドウ糖が枯渇すること」なので、ブドウ糖を使い切るまで何も食べなければ身体は脂肪を分解してケトン体を使用し始めます。

 

 

ケトン体で動かす脳によって

ケトン体で動いている脳は極めて高い集中力を持った状態となります。この際に余計なノイズをシャットアウトし、普段思考できない自分の奥の奥の領域までアクセスします。自分が何をして生きたいのか。どんな目標があるのか。どうやったらそれを達成できるのか。どうなりたくないのか。このような自分との対話を時間を取り、集中した脳で見つめることでこれまで経験したことのない精神的な成長を得ることが可能になります。

このような体験を経験したことがある方は自然と定期的に断食を行い、自分との対話に臨むようになります。

そこに日常では経験できない心の成長があるからなのです。

断食

失敗しない酵素ドリンクの選び方

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。

なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。

そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。

  • 楽に痩せたい!
  • つらい思いをしたいくない!
  • 失敗は絶対したくない!

もしこんな不安があるのなら、こちらの酵素ドリンクランキングがきっと参考になるはずです。

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-,

Copyright© ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び , 2017 AllRights Reserved.