断食

40代女性の体脂肪率の適正値は?

投稿日:2016年1月16日 更新日:

40代女性の適正体脂肪とは?

40代といえば太りやすくダイエットに本腰を入れなければ痩せにくいという年代に入ります。

女性の場合はプレ更年期から更年期という期間に入る人も多く、なかなか身体の変化が著しい年代です。

適正な体脂肪率を知って、健康と美容の管理に努めましょう。

 

40代女性の体脂肪率

40代女性の体脂肪率はどれくらいが理想なのでしょうか?

年代別体脂肪率の標準値を出す場合、40歳から59歳という分類項がありますが40代女性もここに入ります。

40歳から59歳の女性の標準体脂肪率は22%~35%とされています。

標準値の体脂肪率22%~35%の間でも、22%~28%は「標準-(マイナス)」、29%~35%は「標準+(プラス)」となります。

標準-は標準値内でも体脂肪が少なめ、標準+は体脂肪が多めの体型ですが適正値の範囲内であることには変わりありません。

また、体脂肪率が21%以下は「痩せ」、36%~40%は「軽肥満」、41%以上は「肥満」というふうにそれぞれ分類されます。

 

痩せすぎも問題

女性の体脂肪率は17%を下回るか、逆に40%を上回ると女性ホルモンの分泌を阻害されるとされ、月経異常や不妊、また肌や髪の老化などの影響が出る可能性が出てきます。

体脂肪は年代や性別により異なりますので、自分の年齢の理想的な体脂肪率を把握しておきましょう。

そして、体脂肪は多すぎても少なすぎても身体に悪影響が出る可能性が高くなることを覚えておき、それぞれの年代にあった適正な体脂肪率をキープして健康と美容の管理に努めましょう。

  • 40台女性の適正体脂肪率は22〜35%
  • 痩せすぎても太り過ぎても良くない

 

一度体脂肪が付くとなかなか落ちなくなる年代

20~30代の頃と比べて体重が増加し、体型も筋肉が脂肪にすり替わったような丸い体型になりやすいのが40代です。

体脂肪は内臓の保護、体温調節、ホルモン分泌を助けるなど生命活動に大切な役割を果たしていますが、多くなりすぎると肥満になります。

なぜ、若いころと比べて急に体重や体脂肪率が増加しやすくなったのでしょうか?それは「基礎代謝」に深い関係があります。

基礎代謝は、24時間休むことなく心臓を動かすなど私たちの身体の生命維持活動を営むために必要なエネルギーのことです。

運動で消費するエネルギーよりも基礎代謝で使われているエネルギーのほうがはるかに多く、エネルギー消費全体の約70%を占めるのが基礎代謝と言われています。

 

基礎代謝は年齢と共に下がる

この基礎代謝はエネルギーを必要とする成長が止まると低下していくという特徴を持っています。

基礎代謝量は女性の場合15歳頃をピークに年齢とともにゆるやかに低下していき、老化とともに下がり続けていきます。

40代ではこの基礎代謝が低下し続けていますので、消費エネルギー量が少なくなっているために体脂肪が燃焼されず体内に蓄積されていくのです。

消費エネルギーが少ないため食べ物から摂取するエネルギーが多いとすぐに脂肪が増えて太るようになります。

基礎代謝が低いと言うことは太りやすく、痩せにくい体です。

 

年齢を重ねるほど食べる量は減らす

年齢が上がるほど食べる量は減らす

40代の基礎代謝が下がった身体で適正な体脂肪率を保ち、太らない方法は何でしょうか?

ひとつは代謝アップのために筋肉トレーニングや有酸素運動を日々とり入れるという運動習慣をつけることです。

しかし運動で消費できるエネルギーは意外と少ないため、適正な体脂肪率と美しい体型を維持するために、摂取エネルギーを減らすほうが効率的です。

 

食べないことがいちばん!

脂肪を蓄積させないためには食べる量を減らすことがいちばん良い方法だということなのです。

基礎代謝は年齢とともに下がるため、年を重ねるほど食べる量を減らしていくことが秘訣です。

特に40代からは腹八分目の食事と適度な運動習慣を守り、理想的な体脂肪率と健康の管理をしましょう。

ちなみに食べる量を減らす場合でも、糖質を中心に減らすことで脂肪を減らすことが可能です。

このような手法は糖質制限と言い、過去に存在したカロリー神話に代わる新しいダイエットの指標になるものです。

  • 一度脂肪が付くと落ちにくくなる年代
  • 運動も大事だが脂肪を蓄積しないように食べる量を減らすことが大事

 

体脂肪率を落とすためにはどうしたらいいの?

体脂肪を落とすためにはどうしたらいいの

あなたが体脂肪率を落とすために困っているのなら、断食ダイエットかプチ断食ダイエットのどちらかをおすすめします。

断食ダイエットは、言葉の通り食事を止めて痩せるダイエットで、1日につき1キロずつ痩せられます。

プチ断食ダイエットは1〜2ヶ月の期間は必要ですが、1ヶ月当たり2キロをストレスや負担を少なく痩せられます。

どちらの方法も、ダイエットの基本である「摂取カロリー<消費カロリー」をしっかり守れる方法なのでおすすめですよ。

 

断食ダイエットってどうなの?

断食ダイエットは短期間で脂肪を落とすためにはとても有効なダイエット方法です。

わずか1日で1キロ、3日間がんばれば3キロ痩せられる、短期で勝負したい人にはぴったりでしょう。

初めての方は1〜3日間断食から始めるとよいでしょう。

断食ダイエットなら痩せられるだけでなく、体の不要物を外に排出するデトックス効果もあります。

体の不調も一緒に改善できるため、一度は試してみてはいかがでしょうか。

 

>>短期間でしっかり痩せる!断食の方法とやり方とは

 

プチ断食ダイエットってどうなの?

プチ断食は1〜2ヶ月程度で痩せる無理の無いダイエット方法です。

主に朝食の代わりにドリンクで置き換え、中長期で少しずつ痩せる方法なため、誰にでも安全にできるためおすすめのダイエットです。

1ヶ月あたり2キロ前後ずつのダイエット効果ですが、徐々に確実に痩せられるためリバウンドの恐れが無いのが特徴です。

ダイエットの王道的な方法なので、断食ダイエットに抵抗がある人にもおすすめです。

 

>>初心者でも安心!プチ断食の効果と方法・やり方とは?

断食ダイエットを失敗しないための酵素ドリンク選び

「断食ダイエットで今度こそ絶対に痩せたい!」

「痩せたい気持ちはあるけれど、つらい思いはしたくない…。」

断食ダイエットにはむずかしいというイメージがありますが、正しいやり方を知ると思ったよりもずっと楽にできます。

そして正しい断食ダイエットのやり方の中でも、とても重要なのが専用の飲み物を使うこと。

酵素ドリンク・コンブチャ・スムージーなど、いくつも種類がありますが、一番にオススメしたいのは酵素ドリンクです。

たっぷりの酵素や栄養が詰まった酵素ドリンクは、断食ダイエット中の空腹感をやわらげてくれ、栄養が足りないことで起こる体調不良も防いでくれます。

これから断食ダイエットに挑戦しようと考えているのであれば、ぜひランキングで比較してみてくださいね。

 

断食ダイエットを成功させるためのステップ

>>断食のデトックス効果とは

>>断食の便秘解消効果とは

>>断食のダイエット効果とは

>>安全で正しい断食のやり方

>>断食中の飲み物と水分補給の方法

>>断食が終わったあとの回復食とは

>>水だけで断食するのが危険な理由

>>断食ダイエットで挫折しない方法

 

日数別の断食メニュー

>>1日間断食 -1キロ痩せる

>>3日間断食 -3キロ痩せる

>>5日間断食 -5キロ痩せる

>>一週間断食 -6キロ痩せる

 

断食ダイエットに最適なサポートドリンク

>>【徹底比較!】おすすめ酵素ドリンクランキング

>>【徹底比較】人気のおすすめコンブチャランキング

>>【決定版】人気のおすすめのスムージーランキング

>>【比較】人気でおすすめのジュースクレンズランキング

>>【決定版】ダイエット青汁ランキング

 

-断食
-, ,

Copyright© ダイエットマニア - あらゆるダイエットの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.