断食

プチ断食で体重を落とすための3つポイント

投稿日:2016年1月26日 更新日:

プチ断食で痩せらなかった人。

プチ断食で痩せられるか疑問に思っている人。

それぞれに、プチ断食で体重を減らすためのポイントを3つに絞って説明していきます。

プチ断食を正しく行えば、必ず体重を減らすことができます。

体重がなかなか減らない場合、プチ断食の方法が少し間違っているのかもしれません。

まずは、自分の方法が下記の3つのポイントに沿っているかを確認しましょう。

ポイントプチ断食の3つのポイント

  • 1ヶ月に痩せる目安は5%
  • 間食すると体重は減らない
  • 炭水化物の量を減らす

 

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

1.1ヶ月に痩せる目安は体重の5%が理想

1ヶ月で痩せる目安を考えてみましょう。

目標は高く持つほうが良いとはいいますが、早くダイエットをしたいからと、高過ぎる目標を設定することはあまり良いとは言えません。

なぜなら、体の仕組みとメンタル的な面の双方から見ても、高過ぎる目標は達成できる可能性が下がってしまうのです。

体はホメオスタシスという体を守ろうとする働きがあります。

メンタル面では、目標が高過ぎると達成できるイメージができず、挫折してしまいます。

 

1-1.5%前後のダイエットでホメオスタシスが働く

体には、自分を守ろうとするプログラムがたくさん備えられています。

ホメオスタシスと呼ばれる機能もその一つです。

ホメオスタシスとは、恒常性維持機能とも呼ばれ、体重の減少を「飢餓状態」と判断して代謝を落とす働きを指します。

代謝を落とすとは、簡単に良い表せば「省エネモード」とも言い換えられます。

ホメオスタシスは、目安として1ヶ月で体重が5%減少すると働き始めると言われています。

現在の体重 45キロ 50キロ 55キロ 60キロ 70キロ
体重の5% 2.25キロ 2.5キロ 2.75キロ 3キロ 3.5キロ

 

1-2.2〜3キロを目標に

ホメオスタシスの5%という数値は、あくまで概算です。

人によって異なるため、参考値として考えると良いでしょう。

現実的な目標として、2〜3キロ程度を目標にすると達成しやすくなります。

無理をしなくても十分に達成できる目標であることで、達成できるイメージが湧きやすく続けやすくなります。

5キロ痩せるという目標を立ててしまうと、プチ断食だと達成できるイメージがなかなかできず、途中で諦めてしまうでしょう。

人は不思議なもので、イメージできることまでしか実現できないと言われています。

 

2.プチ断食中に間食をすると体重は減らない

2つめのポイントは、プチ断食中に間食することを控えることです。

間食は体重の減少を大幅に妨げます。

プチ断食に限らず、あらゆるダイエットの進展を妨害する習慣なのです。

意識して減らさなければ、なかなか変えることはできません。

48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_s

2-1.間食は太る栄養素の塊

間食の原材料を見ると、太る物ばかりで作られていることが分かります。

  • 小麦粉
  • 砂糖

どれも、少量でも体重の増加に繋がる食材ばかりです。

後ほど詳しく説明しますが、小麦粉と砂糖は、特に体重が減ることを大きく妨害します。

 

2-2.間食するなら酵素ドリンクを使おう

もし、どうしても間食したくなるようであれば、酵素ドリンクを活用しましょう。

プチ断食では、酵素ドリンクを必ずと言っていいほど使用します。

すでにあなたが酵素ドリンクを使っているのであれば、食事の代わりでなくても構いません。

間食の代わりにどんどん飲みましょう。

あなたがまだ、酵素ドリンクを使っていないであれば、一度検討するとよいかもしれません。

酵素ドリンクは断食のために作られたドリンクのため、プチ断食に最適なのです。

→優光泉の口コミとレビュー

 

3.炭水化物の量を徹底的に減らす

3つめのポイントは炭水化物の量を徹底的に減らすことです。

細かく言えば、炭水化物は「糖質」と呼ばれる栄養素です。

糖質には炭水化物以外にも、砂糖や果糖など、たくさんの種類があります。

砂糖などは間食で摂ることが多いため、プチ断食中は炭水化物に注意すればOKでしょう。

 

3-1.糖質が無ければ太ることは難しい

体に脂肪が付く原因には、糖質が大きく関わっています。

糖質が食べて消化されると、ブドウ糖の大きさで分解されて、腸壁から吸収されます。

腸壁から吸収されると、血液中に取り込まれます。

こうなると血糖値が上がるのですが、血糖値が高いと体に悪影響があります。

血糖値が高くなると、体は速やかにインスリンというホルモンを分泌します。

インスリンの働きによって、血中のブドウ糖はグリコーゲンというブドウ糖がたくさん繋がった物に合成され、筋肉や肝臓に貯蔵されます。

グリコーゲンは多くは貯蔵できないため、ブドウ糖がたくさん余ってしまい、残りは全て中性脂肪に合成されて脂肪組織に取り込まれます。

太る理由は糖質にあり、糖質が無ければ太ることは無いとも言われています。

 

3-2.炭水化物を少なくすると痩せる

極端な例だと、炭水化物(糖質)を全く食べないようにすれば、肉や野菜をたくさん食べてもなかなか太りません。

反対に痩せていきます。

炭水化物を食べないことで、血中のブドウ糖が少なくなるため、脂肪を分解してブドウ糖を作り出す「糖新生」という働きが起こるためです。

炭水化物を食べないと、低血糖になると思われがちですが、糖新生の働きがあるため、炭水化物を制限して低血糖になることはまずありません。

このため、プチ断食中には炭水化物の量を減らすことで、より確実に効果的に体重を落とすことができます。

→プチ断食と糖質制限を組み合わせるとすごい効果が

 

4.最後に

プチ断食は必ず痩せられるダイエット方法です。

私自身多くの体重を落とすことができました。

これまでどんなダイエットもうまくいかなかった友人でも「楽に痩せられた」と言わしめるダイエット方法です。

良いダイエット方法を探しているのであれば、まずプチ断食から試すと良いと思います。

正しく挑戦できれば、3ヶ月後にあなたは理想の体を手に入れていることでしょう。

断食ダイエットを失敗しないための酵素ドリンク選び

「断食ダイエットで今度こそ絶対に痩せたい!」

「痩せたい気持ちはあるけれど、つらい思いはしたくない…。」

断食ダイエットにはむずかしいというイメージがありますが、正しいやり方を知ると思ったよりもずっと楽にできます。

そして正しい断食ダイエットのやり方の中でも、とても重要なのが専用の飲み物を使うこと。

酵素ドリンク・コンブチャ・スムージーなど、いくつも種類がありますが、一番にオススメしたいのは酵素ドリンクです。

たっぷりの酵素や栄養が詰まった酵素ドリンクは、断食ダイエット中の空腹感をやわらげてくれ、栄養が足りないことで起こる体調不良も防いでくれます。

これから断食ダイエットに挑戦しようと考えているのであれば、ぜひランキングで比較してみてくださいね。

 

断食ダイエットを成功させるためのステップ

>>断食のデトックス効果とは

>>断食の便秘解消効果とは

>>断食のダイエット効果とは

>>安全で正しい断食のやり方

>>断食中の飲み物と水分補給の方法

>>断食が終わったあとの回復食とは

>>水だけで断食するのが危険な理由

>>断食ダイエットで挫折しない方法

 

日数別の断食メニュー

>>1日間断食 -1キロ痩せる

>>3日間断食 -3キロ痩せる

>>5日間断食 -5キロ痩せる

>>一週間断食 -6キロ痩せる

 

断食ダイエットに最適なサポートドリンク

>>【徹底比較!】おすすめ酵素ドリンクランキング

>>【徹底比較】人気のおすすめコンブチャランキング

>>【決定版】人気のおすすめのスムージーランキング

>>【比較】人気でおすすめのジュースクレンズランキング

>>【決定版】ダイエット青汁ランキング

 

-断食
-, ,

Copyright© ダイエットマニア - あらゆるダイエットの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.