酵素ドリンクやスムージーを使ったファスティング(断食ダイエット)の楽ヤセをご紹介します

ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び

断食

空腹感を克服する方法とは

更新日:

food-for-hungry-children-885871_640

長い氷河期と飢餓の時代を生き抜いた私たち人類は空腹との戦いの歴史を持っています。

食料が少なくて常に空腹を感じていた昔の時代より、食べたいものをいつでも食べられる現代のほうが

空腹感を猛烈に感じられるようになっているのは皮肉なものです。

血糖値の増減が空腹感を生む

脳は血液中にブドウ糖がどれほどの分量があるかを感知して、その値、すなわち血糖値が低くなると空腹だから何か食物を摂取しなさいという指令を身体に送ります。

低下していた血糖値が食物摂取により上がると、満腹中枢が刺激されて脳はもう食物をとらなくても大丈夫だという指令に切り替えます。

私たちはこの血糖値の増減により空腹感を生み出しているのです。

食料が少なく、すぐにエネルギーに変わる糖質の摂取ができなかった時代では、血糖値が常に低位安定していました。

現代では糖質の多い食材がふんだんにあふれているため、私たちのほとんどは血糖値の増減がおこりやすい食生活を送っています。

糖質摂取により急激に上がった血糖値が低下し始めると空腹を感じ始めるため、糖質を過多に摂る機会が多い食生活を続けていると血糖値の増減が激しくなり、空腹を感じる時が多くなります。

実際に胃腸の中が空になる訳ではない

胃の中が空っぽであることイコール空腹を感じることではありません。

まだ食物が胃腸の中に残っている間でも空腹を感じてしまうことがあります。

ひとつには物理的な原因があります。

血糖値の低下が空腹を感知する脳の中枢を刺激するので、まだ食物が胃の中にあっても急激に上がった血糖値が下がり始める時に空腹を感じ始めます。

もうひとつは精神的なものです。

食欲をそそるような食べ物を見る(視覚)、においをかぐ(嗅覚)などが刺激されてお腹はいっぱいだけど食べたいと感じることがあります。

デザートは別腹、お酒のあとはラーメンなどという習慣的なものも、満腹であっても空腹感を感じる良い例と言えるでしょう。

糖質制限を徐々に行うことで血糖値を安定させる

お腹が空いた!何か食べたい!と強く感じることがなくなれば、ダイエットや断食にもとても有効です。

空腹を感じにくい身体作りを始めましょう。

血糖値の増減が空腹感と満腹感を生み出しているということを基本として考えます。

私たちは血糖値が下がり始めると空腹を感じ始めるので、血糖値の増減を極力抑えて安定した状態に保つことが強い空腹感を抑える方法となります。

それにはすぐに血糖値を上げる働きをもつ「糖質」を含む食品を日々の食事から少なくしていくことがとても効果的です。

糖質含有食品の摂取量を減らすことを一般的に糖質制限と呼んでいます。

急に糖質を制限すると身体に負担がかかりますし精神的にもストレスが大きくなりますので、糖質を食べる回数や量を少しずつ減らしていくのが良いでしょう。

徐々に食事を糖質制限ニューに変えていくと血糖値が安定するようになります。

血糖値が安定すると強い空腹感を感じることがなくなり、食欲も抑えることができるようになります。

>>糖質の吸収を抑える機能性表示食品サプリ「メタバリアスリム」の公式サイトお試し500円+税★<<

 

断食

失敗しない酵素ドリンクの選び方

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。

なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。

そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。

  • 楽に痩せたい!
  • つらい思いをしたいくない!
  • 失敗は絶対したくない!

もしこんな不安があるのなら、こちらの酵素ドリンクランキングがきっと参考になるはずです。

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-,

Copyright© ゆいのファスティングと酵素ドリンク選び , 2017 AllRights Reserved.