ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

酵素ドリンク

酵素ドリンクでファスティングが失敗…?基本の方法と3つのポイント

更新日:

酵素ドリンクを使ったファスティングは、短期間でしっかりと痩せることができます。

しかし、効果がある分基本に忠実にファスティングしなければいけません。

方法を間違えるとダイエットに失敗するだけではなく、ダイエット前よりも体重が増えるリバウンドをする恐れもあります。

この記事では酵素ドリンクを使ったファスティングを成功させるための基本の方法と、失敗しないための3つのポイントをご紹介します。

3ピース、3つ

ファスティングを成功させる3つのポイントがあります。

1.酵素ドリンクを使ったファスティングの方法

酵素ドリンクを使ったファスティングは、大きく分けて3つの手順に分かれます。

ファスティングの手順とは
  1. 準備期間(1日間)
  2. ファスティング期間(3日間)
  3. 回復期間(1日間)

この3つの手順には、それぞれ重要な意味があります。

きっちりと準備期間を作ってファスティング期間を迎えることで、食べない苦しさやストレスを最小限にやり過ごせます。

また、回復期間を作ると突発的な体調不良を予防でき、リバウンドの恐れを小さくすることができます。

 

1-1.準備期間

準備期間は厳しいファスティングに向けて、体を慣れさせるための期間です。

ファスティング本番前日の丸1日間を使って慣れさせます。

食事は朝食・昼食・夕食の3回とも食べても問題ありませんが、1日を通して量をいつもの50〜60%程度に抑えるようにします。

消化負担を小さくするために、食材はお粥、柔らかめのご飯、野菜、スープ、お新香、豆腐、発酵食品、魚介類といった消化に良い物を中心に選びます。

消化の負担が大きくなる食材の、お肉や卵、乳製品などの動物性タンパクや、ピーナッツなど油分を多く含む食品はできるだけ避けるようにしてください。

準備期間の過ごし方

期間食事の回数と量食材NGの食材

ファスティング前日に1日間

  • 回数:1日3食
  • 量 :通常の50〜60%
  • お粥(柔らかく炊いたお米でも可)
  • 野菜
  • スープ
  • お新香
  • 豆腐
  • 発酵食品
  • 魚介類
  • お肉
  • 乳製品
  • 油分の多い食品

・準備期間を作ると失敗しにくくなる

準備期間は2つの理由によって大切です。

1つ目は初日のファスティング中の空腹感を抑えることです。

あなたは空腹がどんな仕組みで感じるかを知っていますか?

ほとんど場合「胃の中空になった時に感じる」と想像している方が多いのですが、強くお腹が減ったと感じるタイミングは、意外にも「血糖値が下がった時」です。

空腹感は胃の壁が収縮した時にも感じますが、血糖値が下がった場合の方が強く感じるようにできています。

少し一緒に考えてみましょう。

血糖値が下がった時にお腹が減るのであれば、血糖値を下げずに安定させると空腹感は感じにくくなるということです。

実はこの血糖値を安定させることも、準備期間を作る目的です。

準備期間を作り、前日に血糖値を上げ過ぎないようにすることで、ファスティング初日に空腹感のストレスを最小限に抑えられます。

もし、準備期間を作らずにファスティングを始めてしまうと、前日の食事で血糖値が高い状態のままファスティング初日を迎えてしまいます。

そうすると、ファスティング初日の特に午前中が血糖値の低下によって空腹感を強く感じてしまうのです。

空腹感は、酵素ドリンクでケアすることは可能ですが、前日から血糖値を安定させて、空腹感をうまく抑えることがファスティング初日を乗り切るためのコツです。

準備期間と空腹の関係
  • 空腹感は血糖値の低下によって強く感じる
  • 準備期間を作ることで血糖値を安定させることができる

 

・消化負担を小さくするために肉や卵や乳製品を避ける

ファスティングには痩せる目的以外にも、胃腸、肝臓の負担をなくして休ませることで排毒効果(デトックス効果)も期待できます。

普段の生活の中で、あなたの胃腸や肝臓は消化と吸収を休みなく続けているため、体に不要な物を十分に排出することができていません。

なぜなら、食事をすると消化をしなければならないため、排毒よりも消化を優先しなければならないのです。

食事をすればするほど、体の消化負担は増えてしまい、排毒の作業は後回しにされてしまいます。

また、消化は最大で48時間ほどかかると言われています。

準備期間に消化の良い物にしておかなければ「ファスティング中であっても、実は消化活動がずっと行われている」という状態になりかねません。

特に動物性タンパク質は消化に長い時間が掛かり、しかも消化に時間がかかることで異常発酵(腐敗)して、リン、窒素などたくさんの有害な物を作り出し、肝臓はこれらの処理に追われることになります。

こうなると、せっかくのファスティングのデトックス効果も半減です。

しっかりと準備期間を作り、ダイエットだけではなくデトックス効果も体験しましょう。

体が元気になるだけではなく、お肌の調子もとても良くなり、いいことばかりですよ。

ファスティングと消化負担について
  • ファスティングにはデトックス効果がある
  • 肉類などは消化に時間がかかりデトックス効果を妨げる
  • デトックス効果を最大限に活かすためには準備期間を作ること

カレンダー・期間

1-2.ファスティング期間

ファスティングの期間中は一切食事をせず、代わりに酵素ドリンクを飲んで過ごします。

お腹が減って耐えられない時には、何度でも酵素ドリンクを飲んでなんとか耐えてください。

このように、期間中は空腹のコントロールがとにかく大切になります。

完全に空腹を「消す」ことはできませんが、3日間ほどのファスティング期間であれば、工夫次第で十分乗り越えられます。

食事日中の空腹時過ごし方

三食すべて酵素ドリンクで置き代える

酵素ドリンクを飲む
※何度飲んでも良い

  • 自宅でゆっくりと過ごす
  • 読書
  • 映画鑑賞
  • 普段できない過ごし方を

・家でゆっくり過ごす

ファスティング中は自宅でゆっくりと過ごすのがおすすめです。

外に出かけたい気持ちはとても分かります。

しかし、出かけるとたくさん食べ物の誘惑に遭遇します。

どれだけ強い意思を持っていても、目の前に食べ物があれば食べたくなります。

一緒に出かけた家族や友人と食事をしないといけなくなるかもしれません。その時、あなたは我慢できますか。

普段、忙しい毎日を過ごしているのなら、心からゆっくりと自宅で過ごす機会もあまりないのではないでしょうか。

この機会に、普段できないゆっくりとした過ごし方を満喫してみるのもいいかもしれませんね。

 

・ファスティング中は集中力が上がる

ファスティングをすると不思議と集中力が高まります。

1日目はお腹が減って集中力は散漫になりますが、2日目からは思考がクリアになるのを実感できます。

脳を動かすエネルギーに糖質由来のブドウ糖を使い果たしてしまい、脂質由来のケトン体に切り替わるためです。

ファスティングと集中力の関係は、こちらの記事も合わせて読むと参考になるかもしれません。

【関連時期】断食でケトン体が使用されると脳が冴える

おかゆ・回復食・復食・消化に良い

1-3.回復期間

ファスティング期間明けの1日間が回復期間です。

胃や腸の消化器官は、ファスティングで完全に休んでいるためとてもデリケートな状態です。

元の食事に戻すために、消化の良いものから徐々に慣らしていく必要があります。

急に胃腸に消化に良くないもの、特に油分の多い物が入ると対応しきれずに体調不良を起こします。

せっかくファスティングで無事にダイエットできたのですから、ここで台無しにしたくありませんよね。

回復期間の過ごし方

期間食事の回数と量食材NGの食材

ファスティング明けに1日間

  • 回数:1日3食
  • 量 :通常の50〜60%
  • お粥(柔らかく炊いたお米でも可)
  • 野菜
  • スープ
  • お新香
  • 豆腐
  • 発酵食品
  • 魚介類
  • お肉
  • 乳製品
  • 油分の多い食品
ポイント
準備期間と大きく違うのが、油分はより厳格に避ける方が良い点です。本当に体調不良になります。 

リバウンド、予防、防止、注意

2.リバウンドの予防

ファスティングを成功させるには、ファスティング期間中だけではなく、その後もリバウンドしないための注意が必要です。

リバウンドして元の体重に戻るだけならいいのですが、ダイエットをすると脂肪以外にも筋肉の量が必ず落ちます。

リバウンドして「元の体重に戻った」ということは、筋肉が減った分の脂肪まで付いてしまったということです。

厳密にはダイエットの前よりも太ったことになります。

この問題は絶対に予防しないといけません。

リバウンドの予防のためのポイント
  1. 回復期間を必ず作る
  2. ダイエット成功後1ヶ月間は太りやすい食べ方をしない

 

2-1.ファスティングすると体は防御体制のスイッチが入る

体はファスティングをすると、食事をしないことと体重が急激に減ることで「食べ物がない緊急事態」と判断します。

一般的には1ヶ月程度で体重が5%(2.5キロが目安)減るようなダイエットをするとスイッチが入ると言われています。

さらに、一度スイッチが入ってしまうと1ヶ月継続すると言われています。

リバウンドを予防するためにも、ファスティングでダイエットに成功したあとは、しばらく「太りやすい」と言われる食べ物や食べ方は避けるべきです。

 

ポイント・コツ

 

3.ファスティングでダイエットを成功させる3つのポイント

ここまで、ファスティングの方法や効果などをご紹介してきました。

紹介させていただいた方法でも、ファスティングを成功させることは十分に可能ですが、本当に重要なポイントを3つに絞ってご紹介します。

 

3-1.基本通りにファスティングすること

1つめに大切なのは自己流にならないことです。

ファスティングに失敗してしまう方のほとんどが、自己流にアレンジしてしまっています。

何のために準備期間を作るのか、なぜ回復期間を作らなければいけないのか、全て理由があります。

この記事で書かれているファスティングの手順はほぼ基本通りです。

あなたも、まずは騙されたと思って基本通りにチャレンジしてみてください。

より細かいファスティングの方法は、関連記事も合わせて読むと理解が早まるかもしれません。

【関連記事】痩せるための正しい断食の方法

 

3-2.必ず酵素ドリンクを使うこと

2つめの大切なことは、酵素ドリンクを必ず使うということです。

雑誌のモデルさんや、テレビで活躍しているタレントさんも、ファスティングをする時には必ず酵素ドリンクを使います。

彼女たちがきっちりとダイエットできているのは、正しく酵素ドリンクを使って「空腹をコントロールしていること」と「食べられないことによるストレスのケア」をしているためなのです。

本来、ファスティングは医師の指導のもとでおこなうのが理想です。

自宅でファスティングできるのは、酵素ドリンクを使って安全にビタミンやミネラルなどを補給できるからです。

 

3-3.ファスティング明けの食事は糖質を少なくすること

3つめに大切なのは、ファスティング明けは1ヶ月程度の期間、糖質を少なめにすることです。

太る食材と言えば、普通は脂質など油の多い食材の名前が挙げられることが多いですが、一番に気を付けるべきなのは糖質です。

糖質と言えば甘い物を想像してしまいます。

リバウンドしないためには、甘い物を控えるのはもちろん必要です。

しかし、気を付けなければいけないのは「炭水化物」で、主食として毎日食べている「お米」や「パン」や、副菜に使われることの多い「じゃがいも」などです。

炭水化物は甘い物と違って、美味しいおかずさえあればいくらでも食べられてしまうのが問題なのです。

水分以外はほぼ糖質のため、日々の食事から炭水化物をできるだけ減らすことでリバウンドを予防することができます。

まとめ

4.まとめ

いかがでしたか。

ファスティングの基礎的な方法、デトックスという意外な効果や、ファスティングを確実に成功させるための3つのポイントを紹介させて頂きました。

ファスティングほど短期間で痩せられる方法はなく、早く結果を求める人にはピッタリなダイエット方法です。

また、これまでダイエットに何度も挫折した人でも、3日間という短い期間だけに集中して挑戦することでうまくいく可能性もあります。

最後になりますが、ファスティングを成功させるためには酵素ドリンクの選びかたも重要だったりまします。

どんな酵素ドリンクを使うか決めていないのであれば、ランキングも参考にしてみてくださいね。

↓↓↓↓↓

酵素ドリンク

酵素ドリンクの選び方

スリムを実感!酵素ドリンクの選び方とは

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。 なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。 そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。
  • またスキニーを履きこなせるようになった!
  • ミニスカートを履いても恥ずかしくなくなった!
  • 夫(彼氏)から「最近キレイだね」と言われるようになった!
酵素ドリンクのパワーを借りれば、きっとあなたにもこんな未来を実現できるはずです♪

↓↓ランキングを見てみる↓↓

-酵素ドリンク
-,

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved.