ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

断食

肥満と糖尿病は密接に関係しています

更新日:

nurse-527615_640

自分はただ太っているだけで糖尿病や心臓病などとは無縁の健康体、という人は実はいません。

肥満しているということにより身体の中ではすでに血圧、血糖の異常が始まっています。

糖尿病や動脈硬化は気づかないうちに体内で静かに歩みを進め、気づいた時にはもう遅いということもあるとても怖いものです。

ぜひこの機会に肥満の怖さを知り、糖尿病などの生活習慣病を予防してください。

Ⅱ型糖尿病は肥満が原因

糖尿病にはⅠ型糖尿病とⅡ型糖
尿病の2種類があります。

特定の遺伝要因による自己免疫疾患で起こるのがⅠ型、加齢やストレス、肥満などにより引き起こされるのがⅡ型糖尿病です。

日本人の国民病とも言われ約1,000万人の患者数がいる糖尿病ですが、このほとんどがⅡ型糖尿病なのです。

Ⅱ型糖尿病は食べ過ぎ、運動不足などの悪い生活習慣により内臓の周りに脂肪がついて内臓脂肪型の肥満が進んだ結果発症します。

高エネルギー、高糖質の食べ物をたくさん食べる食生活、車移動やパソコン仕事など生活様式の変化による運動不足、ストレス過多の生活がⅡ型糖尿病を引き起こしています。

外見は太って見えない人にもⅡ型糖尿病の人はいますが、その場合も内臓は脂肪がたっぷりついている内臓脂肪型肥満が疑われます。

このようにⅡ型糖尿病は完全な生活習慣病、原因は「肥満」だということを覚えておいてください。

horizontal-162952_640

脂肪が付き過ぎるとインスリンの効きが悪くなり糖尿病へ

食物を食べて血糖値が上がった時に、私たちの体内ではインシュリンと言うホルモンを分泌させて血糖値を下げようとします。

しかし、内臓脂肪が多すぎるとインシュリンに対して身体の反応が鈍くなるのです。

これを「インシュリン抵抗性」と呼びます。

このインシュリン抵抗性が起きると、鈍くなったインシュリンの作用を量でカバーしようとして膵臓がさらにたくさんのインシュリンを分泌させようとし「高インシュリン血症」を引き起こします。

やがて多量にインシュリンを分泌している膵臓のランゲルハンス島の機能が疲弊し始めて、インシュリンをきちんと分泌できなくなります。

そうなるとインシュリン抵抗性を補うことはできなくなり血糖値が上昇しやすく高血糖が続く糖尿病が発病されるというわけです。

軽度の糖尿病は断食や糖質制限で改善することが多い

しかし、肥満によるⅡ型糖尿病、またはその予備軍と診断されても落ち込んだり、薬だけに頼ろうとしなくても大丈夫です。

軽度の糖尿病であれば、肥満を解消することで改善していくことも多いのです。

糖尿病の治療にはまず「食事療法と運動療法」の2大柱と言われています。

生活習慣の改善なくしてはどんな薬をもってしても糖尿病の治療は行なえないのです。

糖尿病改善にはインシュリンを分泌する機能を酷使するような食事を避けて、膵臓を休ませることが大切です。

それには血糖値を上げやすい糖質を食事の中から減らすことが一番です。

食べ過ぎ、特に炭水化物(糖質)の摂り過ぎをやめることで血糖値を安定させ、糖尿病の予防と改善を目指しましょう。

また、たまには断食、プチ断食なども行なって胃腸や膵臓をしっかり休ませて機能を回復させ、内臓脂肪を燃焼させる機会をつくるとなお効果的です。

断食

スリムを実感!酵素ドリンクの選び方とは

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。 なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。 そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。
  • またスキニーを履きこなせるようになった!
  • ミニスカートを履いても恥ずかしくなくなった!
  • 夫(彼氏)から「最近キレイだね」と言われるようになった!
酵素ドリンクのパワーを借りれば、きっとあなたにもこんな未来を実現できるはずです♪

↓↓ランキングを見てみる↓↓

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-,

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved.