ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

お役立ちアイテム ダイエット医薬品

皮下脂肪を落とす薬は無い!代わりに油の吸収を抑える薬はあるけど

更新日:

「この皮下脂肪をすぐに落とせたらどれだけいいか…」

自分のお腹を見て、たくさんの人がそう思うのではないでしょうか。ダイエットにはどうしても努力が必要です。食事を極端に減らしたり、運動したりと確実に努力が必要です。

場合によって苦痛も伴います(慣れれば大丈夫なのですが…)しかし、あなたや私のように「楽に痩せたい!」と考えている人は、ダイエット薬が喉から手が出るほど欲しいはずです。

ダイエット薬が実際にあるとしたら試してみたいと思いませんか?

※アブナイ薬じゃないですよ。ちょっとしたチート(ずる)のような物です。

薬、ゼニカル、サプリ

誰もがラクして痩せたいと考えています。実はそんな薬があったり…

1.皮下脂肪を直接落とす薬があるといいのに…

ズボラダイエッターの多くは「皮下脂肪に直接効く薬があればいいのに!」という願いを持っているはずです。この願いを持っているあなたは私の同士ですね。

努力が少なく痩せたほど得した気分になれるはずです。

1-1.皮下脂肪は脂肪組織の中に貯蔵されるので直接干渉できない

ズボラな私が調べに調べた結果、残念ながら直接脂肪に効く薬はないようです。私も残念過ぎて立ち直れないところでした…。しかしそこで分かったことがありました。

1-2.皮下脂肪を直接落とすには脂肪吸引しかない

脂肪を物理的に直接落とすには、現在のところ脂肪吸引しかありません。医学の発展により、脂肪を溶かし出す薬が開発されることを強く希望します。しかし、さらに私がリサーチした結果、ナント「脂肪の吸収を抑える薬」はありました。

直接脂肪に作用はしませんが、食べた油を吸収しなければ間接的に痩せることができるはずです。これは期待できそうですね。

ポイント理想の薬は…

  • 脂肪を直接落とす薬は現在のところ存在しない
  • 物理的に脂肪を減らすなら脂肪吸引だけ
  • 「脂肪の吸収を抑えて」間接的に痩せられる医薬品は存在する!
ゼニカル、処方箋、医者、医療現場

医薬品ゼニカルで痩せられます。でもやっぱりメリットもあればリスクもあります。

2.ゼニカルは油分の吸収を抑える本物の医薬品

「脂肪の吸収を抑える」

そんな素敵な効果を持つ医薬品が「ゼニカル」です。油分を食べると、リパーゼの働きで加水分解され、腸壁からほぼ100%吸収されますが、ゼニカルを飲むと30%も吸収を抑えることができます。

毎食を1ヶ月続けると、吸収されなかった油の量はとんでもないことになるでしょう。

ポイントダイエットできる薬「ゼニカル」

  • 油の吸収を30%阻害する
  • 1ヶ月飲み続けると2キロ前後痩せられる
ゼニカル

これがゼニカル!

2-1.油の吸収に関わる酵素リパーゼを阻害

ゼニカルのオーリスタットという成分によって、油分の吸収に関わるリパーゼ(消化液)の働きを阻害することで吸収が抑えられる仕組みです。医薬品の成分で強制的に油分を消化させず、そのまま排出させてしまうのです。

2-2.ゼニカルでどれだけ痩せられる?

ゼニカルを1ヶ月飲み続けると、およそ2キロ前後痩せられます。長い期間飲み続けるほど痩せていくことができますが、さすがに体脂肪率が一定以下にまでなれば、体の防御反応によって痩せるペースは落ちていきます。

体重が気になる人は、半年ほど服用を続けるとかなり効果が実感できるはずです。

リスク、デメリット、注意

光には影があるように、薬にはメリットに対してデメリットやリスクもあります。

3.ゼニカルのここは気を付けよう!

医薬品ですから、有効成分が強力に効くことがメリットですが、医薬品には必ず気を付ける点があります。効果が高いからこそ、別の反動も大きくなり、薬として扱われているのです。

3-1.吸収を抑えるということは…

ゼニカルの服用によって吸収されなかった油はどうなるのでしょうか。答えは「そのまま外に排泄される」です。つまり、まずトイレが汚れます。普通なら便には油はほとんど含まれていませんが、油ベットリの便になるので掃除が大変です。

次に、油断すると油が漏れます。常にトイレを意識しておかないと下着が汚れてしまいます。冗談ではなく本当です。それだけ効果がスゴイということですが、油断だけはしないようにしておきましょう。

3-2.未承認薬だから保険は利かない

未承認薬は日本国内では正式に承認されていない医薬品です。海外では承認されていて、医療現場でも使われている医薬品のため、使う分には全く問題ありません。

製薬会社の利権の関係や、そもそも日本は世界と比較して、薬が承認されるまで異常に時間がかかると言われています。そして、未承認薬であるデメリットは保険が利かないことですが、ダイエットサプリやダイエットドリンクなどと比べても同程度の価格です。

積極的に利用していきましょう。

注意!ゼニカルのここに気を付ける

  • 油がそのまま出て来るのでトイレが汚れやすい
  • 油が液体のまま出て来ることがあるので漏れの心配を…
  • 未承認薬なので個人輸入で購入する必要がある

 

健康的に痩せるなら食生活と運動とサプリメントで

ダイエット医薬品であるゼニカルについてご紹介してきましたが、健康的に痩せるためにはできれば医薬品などには頼りたくないもの。本来ダイエットに必要な食事の改善や、サプリなどを使った方法が理想です。

食事の量を減らす。定期的に運動をする。サプリを使う。この3点をしっかりクリアできれば、自然に痩せられます。食事の量はご飯とお肉の量を意識して減らすこと。お肉の量も意識して減らし、少なくなった分はお野菜で補うようにします。

運動はできれば有酸素運動を、30分以上を週に2〜3回すると良いでしょう。面倒のように感じられますが、一度やり始めると意外に30分はあっという間です。

そして、最後にサプリでダイエットをサポートすると効率的に痩せられるでしょう。私がおすすめしているのは、ダイエットに欠かせない「酵素」や「ビタミン」などがたっぷりと詰まった「スルスルこうそ」です。

体の維持に酵素が深く関わっていることが、少しずつ認知され始めています。特に体の内側からのメラメラパワーを実感するために、酵素は欠かせません。

スルスルこうそが一体、ダイエットにどう関わっているのか、公式サイトで確認してみるのもいいかもしれませんね。購入等の必要は全く無いので、ダイエット医薬品のゼニカルとどう違うのか、ぜひお確かめください。

スルスルこうその公式サイトはこちら

-お役立ちアイテム, ダイエット医薬品
-, ,

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved.