ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

その他基礎知識 断食の基礎知識

太る仕組みとは

更新日:

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

人は何故太るのかなぜ人は太るのでしょうか。

そんなに食べていないのに太る場合、もしかすると太りやすい食べ物ばかりを食べているのかもしれません。

これまで、太る太らないには「カロリー」という概念が重要視されていました。

もちろん今でもある程度の目安にはなりますが、同じカロリーでも太りやすい食べ物と、太りにくい食べ物があります。

正確には「太りやすい食べ方」があるのです。

 

1.3大栄養素

食べ物から摂らなければならない栄養はたくさんあります。

その中でも最も食べる量が必要で、生きる為に不可欠な栄養素は以下の3つです。

  • 糖質
  • 脂質
  • タンパク質

この他、ビタミンやミネラルなども必要ですが、3大栄養素は生命維持の為に欠かせません。

私達が太ってしまう理由は3大栄養素のうち「糖質」と「脂質」にあります。

 

1-1.糖質とダイエットの関係

糖質は文字通り糖を含む栄養素です。

日常的に使用するとても重要なエネルギーであり、車で例えるならばガソリンに相当します。

しかし、ダイエットにもっとも影響する栄養素でもあり、一番の太る原因にもなります。

糖質は主に、ぶどう糖、ショ糖(砂糖)、果糖(果物に含まれる)、炭水化物、などが日常的に食べる機会が多いと思いますが、いずれも食べ過ぎると簡単に太ります。

余談ではありますが、糖には単糖類、二糖類、多糖類に分けられ、糖が1つの場合を単糖類、単糖類が2つ連なった物を二糖類、単糖類がそれ以上連なった物を多糖類と言います。

 

1-2.脂質とダイエットの関係

脂質は糖質と同じくらい重要なエネルギーであり、同じ重さで糖質やタンパク質の2倍ものエネルギーを持っています。

脂肪15キロで3ヶ月分ものエネルギーとも言われ、車で例えるなら予備タンクのような役割を持っています。

このようなことから、脂質は太る一番の原因であると思われがちですが、実はそうではありません。

もちろん脂質も食べ過ぎると脂肪として蓄積されますが、それは糖質を食べていることで起こること。

糖質を制限している時に脂質を食べても実はほとんど太りません。

 

薬・インスリン

2.インスリンが分泌されるから太る

インスリンは肥満ホルモンとも言われます。

インスリンの働きは以下の通りです。

  1. 血中のぶどう糖をすぐに使えるエネルギーとしてグリコーゲンに変えて貯蔵すること
  2. 肝臓の脂質代謝を抑制すること

インスリンは血中のぶどう糖濃度、つまり血糖値が上がると膵臓から分泌されます。

血糖値が上がるのは、炭水化物やショ糖(砂糖)などの糖質を消化して吸収された後です。

 

2-1.糖分を中性脂肪に変えて溜め込む

インスリンの分泌によって血中の糖分は筋肉や肝臓にグリコーゲンとして貯蔵されます。

ですが、グリコーゲンとして貯蔵できる量はごくわずかであり、残りの糖質はほとんど中性脂肪として、細胞へ貯蔵されます。

糖質をたくさん食べることによる問題は、インスリンの働きによって血糖値が急激に下がると、血糖値を維持しようと再び糖質が欲しくなることです。

糖質は食べれば食べるほど血糖値がの乱高下することで、より食べたくなり、ますます太っていく危険をはらんでいます。

なお、フルーツなどに含まれる果糖などは血糖値を上げない為、過去には「太りにくい」と言われていましたが近年ではそれが誤りであることが分かっています。

果糖など血糖値を上げない糖質は、ほとんど全てが肝臓で直接中性脂肪に代謝される為、食べ過ぎると太ることが分かっています。

※グリコーゲンの貯蔵量はわずか約2,000kcal分と言われ、フルマラソン1回分も蓄えることができない。

 

2-2.脂質の代謝を抑制する

インスリンの働きのもう一つの問題は、肝臓の脂質代謝を抑制することです。

身体はごく自然に脂肪をエネルギーとして使用しようとします。

ですが、インスリンが分泌されている時には、肝臓が作る脂肪燃焼酵素(リパーゼ)の分泌を抑制します。

つまり、糖質を日常的に多く食べ過ぎることによって、脂質の代謝が下がり脂肪が燃えにくくなるのです。

ダイエットしているつもりでも、なかなか痩せない原因はここにあります。

 

2-3.脂質だけを食べてもなかなか太らない

糖質をある程度減らせていることが前提ではありますが、インスリンの働きが強くない場合、脂質はたくさん食べても太りません。

身体は食べ物から糖質を摂れない代わりに、脂肪を分解してメインのエネルギーとし、さらに脳の為にぶどう糖を作る「糖新生」を行います。

糖新生で脂肪からぶどう糖を作る場合、脂肪はそれなりに多くの量が必要になる為、かなり多く食べてもほとんど蓄積されないのです。

脂質で太ることにも、やはり糖質とインスリンが関わっていることが分かります。

 

運動はダイエットには大切

運動ですぐに痩せることはできません。それでも運動は続けるべきだと言えます。

3.運動とダイエットの関係

一般的には運動不足が太る原因と言われます。

ですが、なぜ運動不足が太る原因となるのかについて「消費カロリーが少なくなるため」といった漠然とした内容であることが多いようです。

カロリー消費が少ないことも多少関わってはいますが、たった1キロ痩せる為にもフルマラソン3回程度の運動量が必要になります。

現実的に運動だけで痩せることは難しいことが分かりますが、もっと別の理由があるのです。

 

3-1.運動量が少ないと太る理由

運動不足になることで起こる一番の問題は、筋肉量の低下です。

何もしていない安静時のみで消費するエネルギーを「基礎代謝」と言いますが、基礎代謝は身体の大きさと筋肉の量によって変化します。

運動不足になると筋肉の量が下がり、基礎代謝が下がります。

加えて筋肉の量が減ることで体温も下がり気味となり、これもエネルギーの消費が悪くなる原因となります。

体温が1℃下がることで、消費エネルギーは10%も違うと言われます。

1日あたりの消費エネルギーの標準を2,000kcalとすると200kcalにも相当するため、影響が大きいことがわかります。

 

3-3.運動不足によるリバウンドの危険性

運動不足によってリバウンドすることが知られていますが、これも筋肉の量に原因があります。

ダイエットをしているとき、身体は脂肪だけでなくタンパク質分解してエネルギーを作ります。

つまり、ダイエットをすることで筋肉の量もさらに減ることになります。

この状態のまま、食事(主に糖質)が元に戻りリバウンドすると、筋肉の量が減った分まで脂肪として穴埋めし蓄積されるようになります。

これをヨーヨー現象や、ウェイトサイクリング現象とも呼び、運動不足が原因でさらに太る危険性として知られています。

まとめ

4.まとめ

  • 太る主な仕組みはインスリンにある
  • インスリンの分泌には糖質を食べることで起こる
  • インスリンは脂肪燃焼を抑制する弊害もある
  • 脂質ばかりを食べても本来はなかなか太らない
  • 運動不足も筋肉の量の低下によってさらに太る原因となり得る
  • 炭水化物や甘いものなどの糖質を適正にすることで太ることを防止できる

痩せる為には以下の二つの方法がおすすめです。

→本格的な断食で3日で3キロ痩せる方法

→プチ断食で3ヶ月で楽に確実に痩せる方法

 

スリムを実感!酵素ドリンクの選び方とは

ダイエット効果の高い断食ダイエットには、酵素ドリンクは欠かせません。なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。
  • 自己流でやって断食ダイエットに失敗した
  • 酵素ドリンクを使わない断食で体調を崩した
  • 痩せられないどころかリバウンドして散々な目に
こんな失敗はしたくないですよね。 断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。酵素ドリンクのパワーでこんな未来が待っているかもしれません。
  • 20代前半の頃のスリムでしなやかな体が戻った!
  • またスキニーを履きこなせるようになった!
  • ミニスカートを履いても恥ずかしくなくなった!
  • 夫(彼氏)から「最近キレイだね」と言われるようになった!
  • 美味しい物を食べるのに引け目を感じなくなった!
酵素ドリンクなら、こんな理想の未来を手に入れるために、あなたを必ずサポートしてくれるはずです。

↓↓↓↓↓

酵素ランキングのバナー

スポンサードリンク

断食・プチ断食用ドリンクナビ

断食・プチ断食に欠かせないドリンクについてのナビゲーションです。断食・プチ断食に活用して、安全で楽にダイエットしましょう。

ドリンクの選び方

ドリンクの知識

断食ダイエットナビ

断食ダイエットを成功させるためのナビゲーションです。あなたの目標、知りたい方法、悩みを解決するお手伝いをします。

目標と期間で断食を選ぶ

安全な断食のために

プチ断食コンテンツ

-その他基礎知識, 断食の基礎知識
-, ,

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.