ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

体のトラブル 安全に断食する

ファスティングでリバウンドしない為の3つのポイント

更新日:

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

ファスティングは最も早く確実にダイエットできる手段の一つですが、リバウンドしやすいと言われています。

ファスティングに限らず短期で痩せるダイエット方法は、総じてリバウンドしやすい傾向があります。

「ファスティングはやってみたいけれどリバウンドが怖い…」

この記事ではそんなあなたに、なぜファスティングはリバウンドすると言われるのか、どうやったらリバウンドせずに済むのか、といった情報をご紹介します。

また、ファスティングの方法を簡単にではありますが合わせてご紹介します。

体重計・女性・リバウンド・太った

短期間で痩せるとリバウンドすると言われますが、それには明確な理由があります。

1.なぜファスティングはリバウンドすると言われるのか

ファスティングや短期のダイエットは必ずと言ってもいい程リバウンドすると言われます。

なぜなのでしょうか。

そこには体の防衛反応であるホメオスタシスと、心理的な要因の2つがあります。

ポイントリバウンドの原因とは

  • 生体恒常性
  • ファスティング明けの食べ過ぎ

1-1.生体恒常性(ホメオスタシス)

体には自己防衛の本能が備わっています。

体は危機的な状況だと判断すると「いつもの状態を維持するため」に様々な変化が現れます。

それが生体恒常性、またはホメオスタシスと呼ばれる反応です。

ファスティングは意識的にするダイエット方法ではありますが、体はそれを把握することはできません。

食事をパッタリと止めてしまうと、あっという間に数キロもの体重が落ちていきますが、体は「食べ物が無い危険な状況下にある」と判断してホメオスタシスにスイッチが入ります。

一説には1ヶ月で2キロ以上の体重減少でホメオスタシスのスイッチが入り、1ヶ月間継続すると言われています。

ホメオスタシス

  • 1ヶ月以内に2キロ以上の体重減でスイッチ
  • 1ヶ月間継続すると言われている

1-2.ファスティング明けの食べ過ぎ

もう一つの原因は心理的な問題です。

ファスティング期間中は食事ができないことで、精神的に大きなストレスになります。

抑圧された感情は反動を伴いやすく、ファスティング期間が終わるとストレスの反動で食べ過ぎてしまうことが多いようです。

特にファスティング明けはホメオスタシスの影響もあって、太りやすいうえに食べ過ぎてしまうことで、さらにリバウンドしやすくなります。

電球・ヒラメキ

2.リバウンドしないための3つのポイントとは

ここからはファスティングでリバウンドしないためのポイントをご紹介していきます。

リバウンドしないために大切なことは「小さなことの積み重ね」であるということです。

特別な裏ワザなどではなく、太らないための基本通りに過ごすことで十分リバウンドは防ぐことができます。

これからご紹介する方法を1ヶ月続けられれば、無事リバウンドせずにダイエットを成功させたことになります。

 

2-1.復食を適当にしない

ファスティング明けには1日間の回復期間があります。

回復期間とはファスティングで消化や吸収の休止状態から、通常の状態に戻すための作業です。

実はファスティングでリバウンドしないための一番大切なことは、断食明け最初の回復期間を基本通りに過ごすことです。

復食の方法
  • 食べる物は「お粥、柔らかく炊いたご飯、野菜、スープ、豆腐など消化負担の小さいもの」
  • 口にしてはいけない物「油、動物性タンパク質、アルコール」
  • 量は通常の50〜60%程度

 

2-2.ファスティング明けの食事の量に気を付ける

復食終了後も食事には気を付ける必要があります。

 

なぜなら、ダイエットが必要になったのは、以前の食事がそもそも食べ過ぎだったということです。

食事の量かもしれませんし、間食し過ぎたのかもしれません。

いずれにしても、ファスティングが終わった後の食事の量には気を付ける必要があります。

 

2-3.糖質を制限する

食事は量だけではなく、食べる栄養素にも気を付けるべきです。

中でも一番に気を使いたいのは糖質の量です。

糖質を含む食品群の表

特に炭水化物は誰もが「主食」として、気が付かないうちに食べ過ぎている恐れがあります。

「そんなに脂っこいものは食べてないのに何故太ってしまったのだろうか…」

ダイエットをする前に、そう感じていたのであればおそらく炭水化物の摂り過ぎだったのかもしれません。

糖質は体内で大部分が「脂質」に合成されます。

つまり、油分を摂り過ぎていなくても、糖質を摂り過ぎていれば体の中でしっかり油分は作られてしまうのです。

食べ方のポイントは以下の通りです。

ポイント糖質で太らないコツ

  1. ごはん量はお茶碗の半分程度にする
  2. パンも同様にいつもの半分の量にする
  3. 炭水化物を減らした分副菜の量は増やしても良い※野菜やタンパク質中心に
  4. 間食はできるだけしない
おさらい・勉強・復習

ファスティングの方法はご存じですか?

3.ファスティングの方法おさらい

最後にファスティングの方法を簡単におさらい致します。

ファスティングは準備期間、ファスティング期間、回復期間の3つのパートに分かれます。

ファスティングの期間は通常3日間で、その前後に1日ずつ準備と回復期間を作り、合計5日間の取り組みになります。

 

3-1.準備期間(1日間)

項目 内容
期間 1日間
目的
  • 断食前に体を慣れさせる
  • 血糖値を安定させる
食べる物
  • おかゆ
  • 柔らかく炊いたご飯
  • スープ
  • 野菜(生・温)
  • 豆腐
  • 漬物

消化に良く油分が少ない物を選ぶ

食べる量 いつもの50〜60%
避けるべき物
  • アルコール
  • 油分
  • 動物性タンパク質

消化に悪く胃腸の負担になる物は避ける

 

3-2.ファスティング期間(3日間)

項目 内容
期間 3日間
朝食・昼食・夕食 酵素ドリンクを飲む
300〜500cc(原液1に対して炭酸水4の割合)
過ごし方 読書、自宅の周りの散歩などがおすすめ。

遊びに行くことと、激しい運動は非推奨。

 

3-3.回復期間(1日間)

項目 内容
期間 1日間
目的
  • 断食前に体を慣れさせる
  • 血糖値を安定させる
食べる物
  • おかゆ
  • 柔らかく炊いたご飯
  • スープ
  • 野菜(生・温)
  • 豆腐
  • 漬物

消化に良く油分が少ない物を選ぶ

食べる量 いつもの50〜60%
避けるべき物
  • アルコール
  • 油分※必ず避ける
  • 動物性タンパク質

消化に悪く胃腸の負担になる物は避ける

おわりに

4.最後に

いかがでしたか。

ファスティング後にリバウンドする原因は体を守るための本能と、ストレスによる反動です。

この2つの問題を抑えるには、説明した3つの基本ポイントを守ることです。

裏を返せばポイントさえ抑えてしまえば、ファスティングで短期間に目標体重までしっかりと痩せられるということですね。

さあ、あなたも「リバウンド知らずのファスティング」にチャレンジしてみませんか。

スリムを実感!酵素ドリンクの選び方とは

ダイエット効果の高い断食ダイエットには、酵素ドリンクは欠かせません。なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。
  • 自己流でやって断食ダイエットに失敗した
  • 酵素ドリンクを使わない断食で体調を崩した
  • 痩せられないどころかリバウンドして散々な目に
こんな失敗はしたくないですよね。 断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。酵素ドリンクのパワーでこんな未来が待っているかもしれません。
  • 20代前半の頃のスリムでしなやかな体が戻った!
  • またスキニーを履きこなせるようになった!
  • ミニスカートを履いても恥ずかしくなくなった!
  • 夫(彼氏)から「最近キレイだね」と言われるようになった!
  • 美味しい物を食べるのに引け目を感じなくなった!
酵素ドリンクなら、こんな理想の未来を手に入れるために、あなたを必ずサポートしてくれるはずです。

↓↓↓↓↓

酵素ランキングのバナー

スポンサードリンク

断食・プチ断食用ドリンクナビ

断食・プチ断食に欠かせないドリンクについてのナビゲーションです。断食・プチ断食に活用して、安全で楽にダイエットしましょう。

ドリンクの選び方

ドリンクの知識

断食ダイエットナビ

断食ダイエットを成功させるためのナビゲーションです。あなたの目標、知りたい方法、悩みを解決するお手伝いをします。

目標と期間で断食を選ぶ

安全な断食のために

プチ断食コンテンツ

-体のトラブル, 安全に断食する
-,

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.