ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

断食 断食のやり方

断食のリスクをなくすために必要な2つポイントとは

更新日:

断食のリスクを減らすためには断食に興味はありますか?あなたが断食に興味があっても、リスクがあると断食に踏み切れませんよね。もし、そのリスクが限りなく小さくできるとしたらいかがですか?断食をやってみたいと思いませんか。

実は断食のリスクはそれほど多くなく、たった2つのリスクを減らすことができれば安全に断食できるのです。今回は断食の2つのリスクと、そのかんたんな予防方法をご紹介します。

断食の2つのリスクとポイントとは

断食の2つのリスクとは

断食の2つのリスクとは「体調不良のリスク」と「リバウンドのリスク」です。両方共深刻なリスクではありますが、特に気を付けないといけないのは体調不良のリスク。場合によっては断食やダイエットどころではなくなります。

リスクはしっかり取り除いたうえで挑戦したいところですね。

リバウンドのリスクとは
  • 体調不良のリスク
  • リバウンドのリスク

体調不良のリスク

断食による体調不良のリスクはさらに2種類に分けられます。一つ目に断食中の体調不良です。断食中の体調不良は。断食に慣れていない時に起こしやすく、断食中の水分のとり方が間違っている場合がほとんどです。

二つ目が断食後の体調不良です。どちらかと言うと、こちらの方がずっと深刻で、断食で注意しなければいけない一番のリスクです。このリスクは、断食後の回復食に失敗によるものです。

具体的には、断食後に高栄養な食事を食事をすると、体は対応できずに体調を大きく崩してしまうのです。このリスクは思っている以上に大きく、場合によっては救急車で運ばれたという話もあるほどです。

リバウンドのリスク

断食のもう一つのリスクはリバウンドです。ただし、リバウンドは断食に限らず、急激に体重が減ると起こりやすいリスクでもあります。リバウンドする理由は2つ。

一つ目の理由は体の正常な維持機能の働きです。体はできるだけ一定の状態を保つようにプログラムされています。体重もできるだけ急激に変化しないように維持しています。

急激にダイエットすると、このプログラムが動作して元の体重に戻ろうとするのです。このようなプログラムを「ホメオスタシス」と言い、体にとっては命を守るために必要な機能でもあります。

ホメオスタシスは、一ヶ月で体重の5%が低下すると作動すると言われ、普通の人なら2〜3キロ痩せると動作します。

二つ目の理由はダイエットによる筋肉量の低下です。ダイエットは脂肪だけを落とせるといいのですが、ダイエットの過程では筋肉も必ず分解さます。筋肉の量はエネルギーを消費する基礎代謝に深く関わり、量が減るとリバウンドしやすくなるのです。

自己流にならなければ体調不良のリスクは減る

自己流の断食をやめればリスクはなくなる

断食で体調を崩す一番の原因は、自己流で断食する場合です。特に知識がない場合、最初から難易度の高い「水断食」に手を出してしまうことが多く、これが原因で体調を崩します。

リスクを下げる方法①
  • 水断食は自己流でやらない
  • 断食に適した飲み物を活用する

水断食は自己流でやらない

純粋な断食は水だけで行います。ですから、水断食に問題であるのではなく、知識がないまま自己流で行うことが問題なのです。長い時間食事をしないと、体は外からの栄養ではなく、体の脂肪やタンパク質を分解して利用し始めます。

この時、体はいつもと違う経路で代謝をしているため、高栄養の食事に耐えられる状態ではありません。これを破るとショック状態を引き起こします(リフィーディング症候群)。

水断食は本来、医師や断食の専門家の指導が必要なのです。

飲み物と活用して断食をする

安全な断食には飲み物を利用しよう

自宅でリスク無く断食をするためには、水以外の飲み物を利用します。具体的にはスープ、ジュース、酵素ドリンク、スムージー、青汁などの飲み物ですね。飲み物ならなんでも良いわけではありません。

断食には適した飲み物があります。スープであれば具と油が入っていない物、ジュースであればリンゴなどをジューサーで絞ったもの。断食ですから固形物や油など、消化に負担をかけてはいけません。

断食に最適な飲み物と水分補給のポイント

ご紹介した飲み物を使えば、健康的なリスクなく断食できます。

リバウンドはアフターケアで防げる

アフターケアで断食ダイエットのリバウンドは防げる

断食ダイエット後のリバウンドのリスクは、断食後のアフターケアで予防できます。大切なのは回復期間を正しくしっかり作ること、断食後に運動すること、この2つです。

最初にご紹介した通り、リバウンドはダイエット後に元の状態に戻ろうとする「ホメオスタシス(元の状態に戻ろうとする機能)」と、筋肉量が減ることで代謝量が落ちることが原因でしたね。回復期間と運動がどう関わっているのでしょうか。

リスクを下げる方法②
  • 回復期間をしっかり作る
  • 断食後に運動をする

回復期間をしっかり作る

リバウンドを予防するために、一番大切なのは回復期間を作ることです。急にダイエットすると体は「飢餓状態!緊急事態!元に戻さないと!」と体を維持するための機能を働かせます。

この時に急に糖分や脂肪分の多い物を食べると、体はできるだけ溜め込もうとします。そのため、回復期間を作って段階的に元の食事に戻していく必要があります。

断食の回復食はどうすれば良いのか

なお、回復期間が終わっても、食事の量や質には気を付けましょう。もともとダイエットが必要になってしまった理由は、普段の食事が多すぎたり質に問題があるから。痩せたからと、以前と同じ食事に戻ってしまえば、またダイエットが必要になるかもしれませんよ。

断食後に運動をする

断食後に運動をするとリバウンドしません

当たり前のようで、実はないがしろにされがちなのが運動です。断食ダイエットをすると、脂肪が使われて痩せますが、同時に筋肉などのタンパク質も分解してしまいます。つまり筋肉の量が減ります。

筋肉はエネルギーをたくさん使う部分ですから、筋肉の量が減ると自然に太りやすい体質になります。そして、断食ダイエット後には筋肉が減りますから、断食前よりも少しだけ太りやすい体質になったということ。

この問題を解決するために運動が必要なのですね。ただ、運動といっても激しい運動でなくても良いのです。1回20分くらいのランニングを、週に2〜3回やるだけでも十分です。ランニングが難しいのなら、ウォーキングでも腕立て伏せなどの筋トレでも構いません。

体を動かして筋肉を刺激できればいいのです。ちなみに、一番効率よく筋肉を増やしたい場合、スクワットがおすすめです。足の筋肉は体でも一番大きく鍛えやすく簡単なんですよ。スクワットをするとヒップアップ効果も期待できるので、女性には特におすすめです。

まとめ

いかがでしたか。

断食にはリスクがあります。しかし、リスクを小さくする方法を知れば、何も怖いことはありません。ご紹介をした「飲み物を使った断食」と「リバウンドを予防する方法」を守ればあなたにも安全に断食できます。

断食の効果はダイエットにとどまらず、健康、美容にも効果が期待できますから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

断食

スリムを実感!酵素ドリンクの選び方とは

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。

なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。

そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。
  • またスキニーを履きこなせるようになった!
  • ミニスカートを履いても恥ずかしくなくなった!
  • 夫(彼氏)から「最近キレイだね」と言われるようになった!
酵素ドリンクのパワーを借りれば、きっとあなたにもこんな未来を実現できるはずです♪

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食, 断食のやり方
-,

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved.