ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

断食

断食とブドウ糖の関係

更新日:

断食とブドウ糖

断食に興味があり、少し詳しい方であれば断食にブドウ糖が意外と関係していることを知っているのではないでしょうか。

ブドウ糖と言うものは人間の生理作用においてなくてはならない物です。

ブドウ糖とは単糖類と呼ばれ、砂糖や炭水化物などの多糖類とは異なります。実際には多少異なるでのですが、脳の唯一の栄養素とも一般的には言われており極めて重要な役割をする物なのです。

ブドウ糖が空腹を左右する

ブドウ糖は先ほど書いた通り脳の唯一の栄養源と呼ばれています。

脳というのはとてもたくさんのエネルギーを消費している器官であり、ブドウ糖のほとんどが脳で消費されていると言っても過言ではありません。

そして、空腹という現象は実は胃が空になったから起こるのではありません。あくまで血中のブドウ糖の濃度が減ったから。つまり血糖値が下がった時に空腹感を感じるようにできています。

脳からの事前の通知やリマインドだと思って頂ければいいかと思います。

ですが、かと言って脳の通知・リマインドのまま食べていると基本的には食べ過ぎとなるのも事実。ここを制御できるようにならなければなりません。

断食においてはこの空腹のマネジメントが非常に重要となってくるのです。

断食時における空腹の対策

断食の時にはとにかく空腹との戦いになります。

空腹さえ乗り切れればあとはそんなに難しいことはありません。ほとんどの方が最初に一日から三日間の断食を行うと思います。

この間にいかに空腹をやり過ごせるか。これが成功する為の重要なポイントです。ここをクリアする為には知識を持っていることも必要かもしれません。

ブドウ糖はグリコーゲンとして貯蔵される

ブドウ糖というものは脳だけで使用される訳ではなく、筋肉を習慣的に動かす場合にも使用されます。運動で言うのなら瞬発力を使うような時にすぐ燃やせる燃料として使用されます。

対して長時間の運動には脂肪を燃やすようになっています。

これが何を意味しているのかと言うと、空腹時に血糖値を上げる為の方法としては軽い運動を行うことで血糖値を上げることができるということ。

つまり軽い運動をすることで空腹をマネジメントできるということです。

ただし、この手法は一日目までしか通用しません。何故ならば、貯蔵されているブドウ糖は約一日しか持たない為です。

一日目以降の対策

一日目以降については別の点でカバーしなければなりません。

二日目からは脳のエネルギーとして、脂肪酸を分解しブドウ糖へ変化させて利用することが一つ。脂肪を分解し、ケトン体を利用するようになることが二つ目です。

身体を使った運動にもケトン体が利用されるようになります。

ですが、ここからは基本的には単純な我慢の連続となります。

ブドウ糖を補給しカバーする

概ね三日目には慣れてくるのですが二日目においてはとにかく空腹との戦いとなります。こうした断食の対策として様々な方利用しているのが酵素ドリンクです。

とてつもなくローカロリーなのにも関わらず、ブドウ糖を補給でき空腹感を減らすことができる上に消化に全く負担をかけない。

つまり断食に非常に適していると言えます。

→断食に使える酵素ドリンクの徹底レビュー記事はこちら

酵素ドリンクの他にははちみつを溶かした紅茶なども有効かもしれません。はちみつも貴重なブドウ糖をたっぷりと含む食品ですから。

ブドウ糖は果物などからも補給はできるのですが果物だと消化と吸収の負担がかかりますから断食の意味がなくってしまいます。

断食はブドウ糖のマネジメントと言えるのかもしれませんね。

断食

スリムを実感!酵素ドリンクの選び方とは

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。

なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。

そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。
  • またスキニーを履きこなせるようになった!
  • ミニスカートを履いても恥ずかしくなくなった!
  • 夫(彼氏)から「最近キレイだね」と言われるようになった!
酵素ドリンクのパワーを借りれば、きっとあなたにもこんな未来を実現できるはずです♪

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved.