ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

断食

食事制限で痩せるための具体的実践方法とは

更新日:

あなたが良いダイエット方法を探しているのであれば、食事制限は良い選択となります。

ダイエットの方法は大きく分ければ2つに分類できます。

一つ目は「エネルギーを使って痩せる方法」

二つ目は「エネルギーを体に入れないようにして痩せる方法」

どちらも痩せるためには重要な方法ですが、効果が早く出やすいのがエネルギーを入れないようにすることです。

エネルギーを使って痩せるためには膨大な運動が必要です。

そのため、エネルギーを入れないようにすること、つまり食事制限をする方がずっと簡単で効果も早く実感できます。

 

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s

1.痩せるためには食事制限は欠かせない

痩せるためには食事を制限することは、絶対に必要な条件です。

特にこれまで何をやっても痩せられなかった人は、間違いなく食事に問題があると断定できます。

 

1-1.あなたが太った理由は食べ過ぎが原因

今、あなたが太ったことに悩んでいるのは、食べ過ぎが原因です。

人は特別なことが無い限り、食べ過ぎれば太るのです。

食べ過ぎ以外に太る原因はありません。

1日に体が使うエネルギー以上の食事を摂ると、体は処理しきれないため、体に溜め込もうとするのです。

 

1-2.いままでと同じ食事では痩せられない

どんなダイエット方法を試しても、どんなに素晴らしいダイエットグッズを使っても、今までの食生活を変えなければ痩せることはできません。

一時的に痩せることができたとしても、食生活が変わらなければ、また同じように少しずつ体重が増えていくでしょう。

ダイエットをするために、方法を探すのであれば、食事制限体重を落とし、その機会に食生活の見直しをするとリバウンドも無く痩せられます。

いずれにしても、今までの食事では痩せられないことに間違いありません。

 

2.食事制限の方法

食事制限の方法はとてもシンプルです。

その方法はおおまかに分けてしまえば以下の2つに絞られます。

ポイント食事制限の方法

  • 食事量を減らす
  • 食べる物を変える

この両方を実行していく必要があります。

 

2-1.量を普段の7割にする

一番簡単に変えやすいことは、食事の量を減らすことです。

特別な準備は必要ありません。

普段食べている量を減らすだけで良いのです。

今日からでも始めることができますね。

食事のおかわりや、大盛りを止めることから始めて、食事の量まで減らしていきましょう。

目標は今まで食べていた量の6割まで減らすことです。

ポイント食事の量を減らす

  1. 大盛りをやめる
  2. おかわりをやめる
  3. 痩せるまでは食事の量を6割に減らす
  4. ダイエットできてからは過去の量の8割にする
  5. 少しずつではなく一気に始めるほうが成功しやすい

 

2-2.糖質と脂質を抑える

量を減らすと共に、脂肪が付きやすい食べ物を減らすことも必要です。

最近少しずつ認知されてきましたが、糖質は脂質よりも脂肪を付きやすくする栄養素です。

もちろん脂質も脂肪が付きやすい栄養素ではありますが、痩せるためには糖質が重要な鍵を握っています。

糖質 脂質
食べ物
  • 炭水化物(米、うどん、そば、パスタ、根菜など)
  • 砂糖
  • 果物

など

  • 揚げ物(からあげ、フライドポテト、天ぷらなど)
  • 肉の脂
脂肪になるまで 炭水化物、砂糖などは胃腸でブドウ糖にまで分解され、吸収される。

吸収された後はインスリンの働きによって、一部がグリコーゲン(ブドウ糖がたくさん繋がった物)となり筋肉と肝臓に貯蔵される。

グリコーゲンとして貯蔵できる量はわずかのため、残りの糖質は全て中性脂肪に合成され脂肪組織に貯蔵される。

※果物(果糖)はそのまま吸収後、直接中性脂肪に合成される。

吸収後、一部がエネルギーとして使用されるが、ほとんど中性脂肪として貯蔵される。
その他特殊な点 無し 完全に糖質を制限している場合のみ、ほとんどエネルギーとして使われる。

中性脂肪からブドウ糖の合成を行い、直接分解されエネルギーにもなる。

そのため、完全糖質制限中はたくさんの脂質を摂っても痩せていく。

食事制限中の問題 完全糖質制限をおこなうと、初めの3日間程度は頭痛を感じることがある 無し

献立は、タンパク質と野菜などを中心として、お米などの炭水化物、揚げ物などの脂質を避けるようにしましょう。

お米などの主食を減らすことは、最初は難しく感じてしまいますが、慣れてしまうと昼間に眠くならない、集中力が上がるなど、色々なメリットがあるのでおすすめです。

→糖質制限をすると眠くならないのは本当か?

 

3.食べると太りやすい物

主に糖質と脂質が中心になりますが、避けた方が良い食べ物を具体的に紹介していきたいと思います。

100%避けるべきということではありませんが、ダイエット中は避けた方が無難だと思われる物が中心です。

リバウンドの防止などを考慮すると、ダイエット後にも避けておくと間違いはないでしょう。

 

3-1.炭水化物

  • お米
  • うどん
  • そば
  • パスタ
  • パン

炭水化物の問題はとにかくたくさん食べてしまえることです。

お米やパン、うどんなどの炭水化物は、1食分で角砂糖換算で8〜15個もの糖質が含まれています。

大盛りやおかわりすれば、倍近くの糖質を摂ることにつながります。

角砂糖のままなら、甘くて3つも食べることはできませんが、炭水化物は甘くないため、いくらでも食べられてしまうのが問題なのです。

炭水化物は意図的に制限しない限り、自分で思っているよりずっと多い量を食べてしまいがちなのです。

 

3-2.お菓子

  • ポテトチップス
  • チョコレート
  • キャラメル
  • せんべい
  • バームクーヘン
  • ドーナツ
  • ケーキ

お菓子は太ると認識されています。

この認識は当たっていますが、想像している以上に太る恐れがあるのです。

お菓子は砂糖だけではなく、ほぼ炭水化物も同時に使われていて、さらに油もたっぷり使われています。

太るために必要な要素は全て入っていると思っていいでしょう。

お菓子でも甘くなければ良いと思っている人もいるようですが、まったくそのようなことはありません。

ポテトチップスやせんべいなどは、炭水化物の塊を油で揚げているのです。

太らないわけがありません。

なお、炭水化物やお菓子などを制限するために、糖質の吸収を抑えるサプリメントの併用も非常に有効です。

しっかりと実行できるか心配であれば、使ってみるのもいいかもしれませんね。

>>糖質の吸収を抑える機能性表示食品サプリ「メタバリアスリム」の公式サイトお試し500円+税★<<

 

3-3.油の多い物

  • ポテトフライ
  • とんかつ
  • 天ぷら
  • からあげ

油分の多い食べ物も太ると認識されています。

とは言え、糖質に比べれば、実は多少脂肪はつきにくいと言えます。

できるだけ控えるべきですが、厳密にこだわらなくても良いでしょう。

ただし、ポテトフライや天ぷらの種によっては炭水化物を多量に含む物もあるため、注意する必要はありそうです。

炭水化物と油分の組み合わせは、最も太りやすい食べ合わせの一つです。

 

4.ポイントは糖質を減らすこと

いかがですか。

これまで紹介した方法を見ていくと、主に糖質にこだわっていることが分かるのではないでしょうか。

実際に糖質はあなたを太らせるための、最も恐ろしい食材です。

痩せたいと思っているのであれば、真っ先に減らすべき食べ物だと言えます。

また、糖質を制限することで必ず痩せることができるでしょう。

最後にこんな方法もあります。

糖質制限とプチ断食と呼ばれるダイエット方法を組み合わせたダイエット方法です。

とても王道な方法で、苦痛も少なく短期間で7キロ痩せることも可能なため、真剣に痩せたいと思っている人にはおすすめです。

→プチ断食と糖質制限を組み合わせるとすごい効果が

断食

スリムを実感!酵素ドリンクの選び方とは

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。 なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。 そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。
  • またスキニーを履きこなせるようになった!
  • ミニスカートを履いても恥ずかしくなくなった!
  • 夫(彼氏)から「最近キレイだね」と言われるようになった!
酵素ドリンクのパワーを借りれば、きっとあなたにもこんな未来を実現できるはずです♪

↓↓ランキングを見てみる↓↓

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-,

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved.