ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

断食

お腹の脂肪を落とすために考えられる方法を列挙してみた

更新日:

お腹の脂肪を落とすことは、誰もが叶えたい望みです。

お腹の脂肪は本当になかなか減りません。

その理由は明確で、お腹の脂肪を落とすためには、お腹だけでなく体全体の脂肪を落とさなければ達成できないのです。

 

61eaaf48213685621740c59d6f4d9c1e_s

1.痩せる為に必要な要素

なぜ、お腹の脂肪が落ちにくいのかを考えます。

実は体に脂肪が付いていく順番は、ある程度決まっています

反対にダイエットなどで脂肪が落ちる時には、その逆の順番から落ちていくのです。

以下がその順番となります。

ポイント脂肪が付く順番

  1. 内蔵
  2. お腹
  3. お尻
  4. 顔周り
  5. 太もも
  6. ふくらはぎ
  7. 手首・足首

※脂肪が落ちる順番は、自分のステージから8→1と反対になる。

つまり、お腹の脂肪だけを狙って痩せることは、脂肪吸引などの外科手術だけです。

体全体をダイエットする以外に方法はありません。

 

1-1.摂取エネルギーと消費エネルギー

ダイエットの最も基本的な考え方が以下の考え方です。

摂取エネルギー < 消費エネルギー

つまり、食べる量を減らすか、エネルギーを使って消費するかのどちらかしか無いのです。

逆に言えば、この原則に当てはまるのであれば、どんな方法でも痩せることができるということになります。

 

1-2.食事制限で摂取エネルギーを少なくする

摂取エネルギーを少なくするために、必要なのが以下の2つです。

  • 食べる量(回数)を減らす
  • 素材を変える

三大栄養素と呼ばれる、糖質、脂質、タンパク質の3つは、いずれも脂肪組織に中性脂肪として貯蔵することができます。

そして、主に中性脂肪になりやすいのが糖質と脂質の2つです。

糖質と脂質をいかに少なくするかが痩せるためのポイントとなります。

 

1-3.運動で消費エネルギーを大きくする

痩せるためには消費エネルギーを大きくすることも有効です。

消費エネルギーを大きくするためには、2つの方法があります。

  • 有酸素運動などで直接エネルギーを消費する
  • 筋肉の量を増やすことで基礎代謝を向上させる

基礎代謝とは生きて行くために最低限の生命維持に必要なエネルギー量です。

熱を保ったり、内臓を動かしたりすることですが、筋肉の量を増やすことで基礎代謝が高くなります。

その分何もしなくてもカロリー消費が多くなり、痩せやすい体質になることができます。

bananas-282347_640

2.食事制限で痩せるための基本

食事制限で痩せることは、摂取エネルギー量を落とすことと同じです。

そのためには食事の量を減らすか、食事の質を変えなくてはなりません。

これまでの食生活で、ダイエットが必要な状態になってしまったのは、量が多過ぎたということです。

また、後ほど説明しますが「痩せる」という視点だけで考えれば、運動をするよりも食事を減らすことが重要になります。

 

2-1.野菜を中心とした献立にする

食べる量をできるだけ減らさずに、摂取エネルギーを減らすことができる方法に、野菜を中心とした献立にする方法があります。

ありきたりな方法ではありますが、とても重要なことです。

野菜は根菜などを除くと、エネルギーがとても少ないため、ある程度量を多く保っても抑えることができます。

また、ダイエットで陥りがちなビタミンやミネラルを、十分に保ったまま痩せることができるのもポイントです。

ビタミンやミネラルは、代謝に大きく関わっています。

脂肪をエネルギーとして使うことも、代謝の一つであり、ビタミンやミネラルも関わっているのです。

 

2-2.糖質制限をする

体に中性脂肪を付ける最大の原因は糖質です。

糖質にはたくさんの種類がありますが、どれも中性脂肪へなりやすく食べ過ぎることは問題です。

単糖類 二糖類(少糖類) 多糖類(主にグルコースの集合体)
種類
  • グルコース(ブドウ糖)
  • フルクトース(果糖)
  • ラクトース(乳糖)
  • スクロース(ショ糖※砂糖)
  • マルトース(麦芽糖)
  • グリコーゲン
  • デンプン
食品
  • フルーツ
  • はちみつ
  • 砂糖
  • 水飴
  •  米
  • 小麦粉(パン、麺類など)
  • イモ類
  • 根菜類

たくさんの人が、最も多くの量を食べている糖質は炭水化物です。

炭水化物は甘くない為、かなり多くの量を食べることができます。

また、炭水化物は食物繊維と水分を除けばほとんど糖質でできています。

体は糖質を多く貯蔵することができないため、食べた炭水化物のほとんどは、中性脂肪となり体に貯蔵されることになります。

「甘い物や油の多いものを食べていないのに太る」という悩みを持つ人が多いのですが、その原因はここにあります。

お腹の脂肪を落としたいのであれば、真っ先に減らすべき食材が炭水化物です。

なお、糖質の吸収を押させる成分「サラシノール」が含まれるサプリメントなども併用すると効果が高まります。

>>糖質の吸収を抑える機能性表示食品サプリ「メタバリアスリム」の公式サイトお試し500円+税★<<

 

2-3.脂質を制限する

脂質もあなたを太らせてしまう原因になります。

そのため、脂質が多く含まれている食材はできるだけ避ける方が良いでしょう。

ここで、脂質で太る場合のケースをまとめてみたいと思います。

太る場合 太らない場合
糖質
  • 糖質を普通に食べている場合
  • 糖質を制限している場合
  • 糖質を全く食べていない場合
理由
  • 糖質がいつも満タンのため、吸収された脂質はほとんど中性脂肪になる
  • 糖質が足りていないため、脂質からブドウ糖を作り出す
  • 残ったわずかな脂質のみ中性脂肪となる

 

2-4.プチ断食をする

食事制限の中でも、オススメの方法にプチ断食という方法があります。

方法は午前中の食事を、酵素ドリンクに置き代えるだけというとてもシンプルな方法です。

しかし、その効果は侮れません。

3ヶ月の期間で6キロ以上痩せることが十分に可能ですが、一番のメリットは「辛い努力が必要無い」点です。

概要
食事の仕方
  • 朝食…酵素ドリンク(または無し)
  • 昼食…通常
  • 夕食…通常

※間食と夜食はしないこと。できれば糖質の量は減らすこと。

期間 1〜3ヶ月
効果
  • 1ヶ月…2〜3キロ
  • 2ヶ月…5〜6キロ
  • 3ヶ月…6〜7キロ
その他 より大きくダイエットしたい場合、週に1〜2日間を以下の食事にする。

  • 朝食…酵素ドリンク(または無し)
  • 昼食…酵素ドリンク(または無し)
  • 夕食…通常

→プチ断食でダイエットを3ヶ月で確実に成功させる方法

 

3.運動で痩せるためには

ダイエットと運動は切っても切り離すことはできません。

しかし、運動だけで痩せることもかなり難しいも現実です。

なぜ難しいのにも関わらず、運動が必要なのでしょうか。

運動には「筋肉の発達」「筋肉の維持」という、とても重要な要素があります。

エネルギーの消費に筋肉はとても重要なのです。

 

3-1.エネルギー消費と基礎代謝

運動によるエネルギーの消費には2つの要素が存在します。

「運動による直接のエネルギー消費」「基礎代謝の向上・維持によるエネルギー消費」です。

運動で痩せることを目指す場合、どちらも意識すべきですが、筋肉の量を増やして維持することが重要です。

筋肉の量が多いことで、基礎代謝量が大きく保たれ、太りにくくリバウンドしない体を作ることができます。

 

3-2.エネルギー消費で痩せる

運動でエネルギーを消費することは、健康の面でも心のケアの面でもとても良いことでしょう。

汗をかいて体も心もすっきりすることは、ストレスマネジメントの意味でも重要です。

ただし、これまでの食生活を続けながら、運動だけで痩せることはとても難しいということを理解しておきましょう。

脂肪1キロを消費するためのエネルギー 7,200kcal
フルマラソン1回の消費エネルギー 2,500kca
ランニング1回(5km)の消費エネルギー 350kcal

表の通り、ダイエットで効果が高いと言われるランニングでも、1キロ痩せることがどれだけ大変かがハッキリ分かります。

7,200kcal ÷ 350kcal(ランニング1回) ≒ 1キロ/20日

1ヶ月毎日5キロ走って、1.5キロのダイエットになる程度となります。

直接の効果が小さいため、ないがしろにしがちですがもっと重要な効果があります。

走ることで、体の中でも大きな筋肉の部類に入る「足の筋肉」が発達・維持されます。

これが基礎代謝の向上につながり、間接的にダイエットの役に立ちます。

 

3-2.基礎代謝を上げる

基礎代謝とは体を維持するために、最低限必要なエネルギー量のことです。

筋肉から熱を発生させたり、内臓を動かし、生命活動の維持に欠かせないものです。

1日で消費されるエネルギーのうち、70%程度が基礎代謝によるものだと言われています。

そして、基礎代謝の中でも、筋肉が消費する量が40%にものぼります。

このため、筋肉の量が落ちると基礎代謝が大幅に下がり、筋肉の量を増やし・維持することで、じっとしていても消費するエネルギーが増えます。

運動で痩せるためには、基礎代謝の向上が欠かせません。

方法としてはランニングや筋肉のトレーニング(筋トレ)がポピュラーで、効果も実感しやすいでしょう。

 

最後に

いかがでしたか。

お腹周りの脂肪を減らすために、必要なダイエットの知識を一通り説明させて頂きました。

中でもプチ断食は、短期間で分かりやすい効果も実感できることから、今回ご紹介した方法と合わせてチャレンジしてみることをおすすめします。

これらの方法を全て実行しても痩せられないということは、まずありません。

それほど基本に忠実な方法であるためです。

最も落ちにくいお腹の脂肪は、正攻法で根こそぎ根本から撃退してあげましょう!

→プチ断食でダイエットを3ヶ月で確実に成功させる方法

断食

スリムを実感!酵素ドリンクの選び方とは

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。 なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。 そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。
  • またスキニーを履きこなせるようになった!
  • ミニスカートを履いても恥ずかしくなくなった!
  • 夫(彼氏)から「最近キレイだね」と言われるようになった!
酵素ドリンクのパワーを借りれば、きっとあなたにもこんな未来を実現できるはずです♪

↓↓ランキングを見てみる↓↓

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-,

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved.