ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

断食

体の脂肪を減らす!食事の改善と基礎代謝の維持だけでOK

更新日:

salad-960905_640

 

この方法をしっかり手順を踏んでできれば、かなりの確率で体脂肪は落ちます。

今ままで痩せられなかったのは、ごくシンプルな事をあなたが知らなかったからです。

 

脂肪を落とすためのダイエット手法は山のようにあります。

しかし、それでも毎日のように新たなダイエット方法が生まれては消え、失敗する人も後が断ちません。

長い歴史の中で、なぜダイエットの黄金律は生まれないのでしょうか。

それは、それぞれの人の体の特性が大きく違うからです。

極端な話、ボディビルダーやアスリートのような筋肉の量が桁違いに多い人と、ごく一般的な生活をしている運動を不足で筋肉の量が落ちている人では、そもそもエネルギーの消費量が数倍の単位で違います。

だからこそ「ダイエット手法」ではなく、「なぜ人は痩せたり太ったりするのか」という仕組みを知ることが大切です。

キーワードはこうです。

キーワード
  1. 食事のエネルギー量
  2. 基礎代謝の維持

 

1.食事の改善と基礎代謝量の維持が体脂肪を減らすことに役立つ

ダイエットの基本は、どこをどれだけ掘り下げても、最終的には「食事の改善」に行き着きます。

食事を変えずに体脂肪を減らすことは、どうやってもできません。

脂肪吸引などの外科手術であれば別ですが、それ以外であれば食事を減らすか、エネルギーの低い食べ物に変える必要があります。

 

いきなり直後からガッツリ減らす必要は無いんですよ。

1食ごとに量を70%に減らすとか少しずつの組み合わせでいいんです。

今日やったことが結果に出るのは1ヶ月後とかで、その積み重ねです。

gourmet-433405_640

1-1.食事の摂取エネルギーと消費エネルギー

脂肪を落とすために必要な食事の考え方が以下の通りです。

体の大きさが違っても、筋肉の量が違っても、今太っていても、痩せていても、これだけは変わりません。

ポイント基本原則

  • 摂取エネルギー < 消費エネルギー = 痩せる
  • 摂取エネルギー = 消費エネルギー = 現状維持
  • 摂取エネルギー > 消費エネルギー = 太る

人によっては「エネルギー量などに関係なく、◯◯が痩せるためのポイント」と主張する人もいるでしょう。

※◯◯には食事の回数などが良く入る

しかし、細かい理論や理屈があっても、それが影響するのはごくわずかです。

結局のところ「食べ過ぎれば太る」し、「食べなければ痩せる」のです。

まずは、体脂肪を減らすために、食べる量を減らすことを覚悟しましょう。

ステップ①食べる量を減らすことを覚悟する

・食べる量を抑えて確実に痩せる

食べる量を抑えれば痩せることができます。

食事には三大栄養素と呼ばれる物があります。

  • 糖質
  • 脂質
  • タンパク質

このうち、太りやすい順に「糖質>脂質>タンパク質」となります。

できるだけ糖質は減らす方が良いでしょう。

有名なライザップでも、基本的にやっていることを端的に言い表すと「糖質制限」です。

ステップ②糖質、脂質の順番にできるだけ減らす

 

・楽に無駄なく摂取エネルギーを落とせるプチ断食

食事を減らす方法でも、比較的楽な方法は知っていますか?

ただ食事を減らすだけでも良いのですが、「プチ断食」という方法が楽な方法です。

「食事制限がどうしてもできない」という人は、ダイエットに取り入れても良いでしょう。

特徴は以下の通りです。

プチ断食の特徴
  • 朝食を酵素ドリンクで置き代えるか、何も食べない
  • 朝食を抜くことで1日当たり約660kcalのカロリーカットになる
  • 朝食を抜くことは比較的苦痛が小さく、すぐ慣れる
  • 3週間続ければ習慣となって自動的に続けられる
  • 1ヶ月で2〜3キロ、3ヶ月で6〜8キロのダイエットが可能

→ファスティングでダイエットを3ヶ月で確実に成功させる方法

 

1-2.基礎代謝量を維持して体脂肪を落とす

基礎代謝量は体脂肪の増減に、とても大きな関わりを持っています。

基礎代謝とは、人がじっとしている時でも体の維持のために、常に消費しているエネルギーです。

  • 体熱の維持
  • 消化作業
  • 壊れた細胞の修復
  • 古い細胞の入れ替え
  • 毒素の無毒化

 

・総消費エネルギーの7割が基礎代謝

実は、あなたの体が毎日消費しているエネルギーのうち、実に70%が基礎代謝によるものです。

基礎代謝は熱を生み出すための筋肉や、消化や毒素の無毒化に関わる肝臓が、特に大きな消費エネルギーを占めています。

これは、筋肉の量や肝機能が低下すると、消費エネルギーがガクッと落ちてしまうことを意味しています。

 

・基礎代謝の維持には運動が必要

ダイエット中からダイエット成功後まで、しっかりと基礎代謝量を維持するためには運動が必要です。

運動の方法は、ランニングなどの有酸素運動と、筋肉トレーニング(筋トレ)の2つが代表的ですが、どちら良いのですが、続けることが大切です。

基礎代謝量を維持するための運動とは「筋肉の量を維持すること」と考えてOKです。

ランニングや筋トレによるエネルギー消費は、わずかなもののため、直接痩せることにはあまり繋がりません。

ステップ③基礎代謝を維持するために運動する

  1. 20分以上のランニング・限界数×3セットの筋トレなどを続ける(週2〜3回)
  2. 筋肉が維持される・発達する
  3. 基礎代謝量の維持・向上
  4. 痩せ体質の維持

ダイエットをすると、体脂肪も落ちますが、同時に筋肉も落ちてしまいます。

痩せるということは、エネルギーが不足することですから、体脂肪が落ちることでもありますが、必ず筋肉の量も低下するのです。

つまり、ダイエットをすると必然的に基礎代謝量が落ち、ダイエット前よりも痩せにくい体になるということです。

しかし、大抵の場合、基礎代謝が落ちた事に気付く人はいません。

そのため、以前と変わらない食事を続けることでリバウンドを起こすのです。

 

2.食べる量を抑える事が脂肪を落とすのに必要な根拠

なぜ食べる量を抑えることが、体脂肪を減らすために必要なのか、根拠を説明していきます。

ダイエットとなると、急にやる気を出して、その日の食事を極端に減らす人がいます。

このケースの場合、決まって翌日には「ダイエットは辛い」と元の食事に戻っていることでしょう。

しかし、大切なのは毎食の量を減らすか、食事の回数を減らすことが大切なのです。

 

2-1.毎日続けるとこれだけ変わる

例えば、先ほどご紹介した「プチ断食」を例に見てみましょう。

プチ断食を3ヶ月続けると、エネルギーはこのようになります。

計算 エネルギー 落とせる体脂肪(理論値)
①脂肪1キロを落とす為に必要なエネルギー 7,200kcal
②1日の消費エネルギー 2,000kcal
③朝食のエネルギー
※②2,000kcal ÷ 3
約660kcal
④1ヶ月続けた場合にカットできるエネルギー
※③660kcal × 30日
19,800kcal 2.75キロ
⑤3ヶ月続けた場合にカットできるエネルギー
※④ × 3ヶ月
59,800kcal 8.25キロ

毎日少しずつ続けるだけでも、たった3ヶ月の時間でこんなに体脂肪を減らすことができるのです。

たくさんの量を食べながら、痩せることはできないことは、この表を見れば一目瞭然です。

 

2-2.どんなもっともらしい理屈でも結局は食べるか食べないか

 

いろいろなテクニックはありますが

「結局は食べる量を抑える」

これ以外に、健康的で正規の方法で痩せることはできないってことなんです。

でもシンプルだと思いませんか?

 

健康的ではありませんが、海外からの輸入で痩せる薬を買って、無理矢理痩せることはできます。

しかし、基礎代謝の問題をクリアしていないため、人によってはリバウンドの恐れもあります。

→痩せる薬の効果でダイエットは可能!痩せると人生が変わりますよ

 

3.基礎代謝量の維持が大切な根拠とは

次に基礎代謝量が、どれだけ大切であるかの根拠について考えていきたいと思います。

基礎代謝量はダイエットに大切だと言われていますが、実際のところ、具体的に向上させる方法って聞いたことないと思いませんか。

 

3-1.基礎代謝量がどれだけ体脂肪を落とすのに貢献しているか

1日の総消費エネルギー内訳
名称
基礎代謝量 1,400kcal 70%
生活活動代謝量 400kcal 20%
食事誘発性熱産生 200kcal 10%
総消費エネルギー 2,000kcal
基礎代謝量の内訳
部位 エネルギー量 割合
肝臓 378kcal 27%
266kcal 19%
筋肉 252kcal 18%
腎臓 140kcal 10%
心臓 98kcal 7%
その他 266kcal 19%
基礎代謝量 1,400kcal

3-2.ダイエットをすると基礎代謝は必ず落ちる

基礎代謝を高めるためには、運動が必要なことは説明しましたね。

なぜ、運動が必要なのかについて、根拠をもう少し細かく考えていきましょう。

ダイエットをすると脂肪と同時に、筋肉(タンパク質)も分解し、量が減ってしまいます。

しかし、本人は脂肪と筋肉が合わせて減っていることに気づかず、単純に体重が減った事実だけに喜びます。

その後元の食事に戻ると、どうなりますか。

体重は減りましたが、同時に基礎代謝量も減っています。

つまり、元の食事の内容でも、消費できるエネルギーが減っているのです。

そのままの食事を続ければ、必ずリバウンドします。

そして、以下のような悪循環に陥ります。

ポイント ヨーヨー現象

  1. ダイエット
  2. 基礎代謝が落ちる
  3. リバウンド
  4. ダイエット
  5. 基礎代謝がさらに落ちる
  6. さらにリバウンド

こうなると、運動して基礎代謝量を戻さない限り、脂肪を落とすことすら難しくなります。

基礎代謝量が下がると痩せられなくなる理由が、端的でとても分かりやすい事例です。

なお、基礎代謝量が維持できている場合、さらなる代謝の向上をサポートするための、サプリメントを活用するのも一つの方法です。

>>糖質の吸収を抑える機能性表示食品サプリ「メタバリアスリム」の公式サイトお試し500円+税★<<

 

4.追伸

いかがでしたか。

もう一度ステップ1〜3までをおさらいしてみましょう。

  • ステップ①:食べる量を減らすことを覚悟する
  • ステップ②:糖質、脂質の順番にできるだけ減らす
  • ステップ③:基礎代謝を維持するために運動する

食べる量を減らして、基礎代謝量を維持するために軽い運動を続ける。

とてもシンプルなことですが、これ以上に効果的な方法はありません。

この記事の内容と、ステップを確実に踏めることができるのであれば、ほぼ間違いなく痩せることができるはずです。

何より大切なのは、正しく知識を付けることです。

目的地にたどり着かない電車に乗っても、決して目的地にはたどり着きません。

それと同じで、体脂肪が減らない方法をいくら頑張っても、決して体脂肪は減らないのです。

断食

スリムを実感!酵素ドリンクの選び方とは

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。

なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。

そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。
  • またスキニーを履きこなせるようになった!
  • ミニスカートを履いても恥ずかしくなくなった!
  • 夫(彼氏)から「最近キレイだね」と言われるようになった!
酵素ドリンクのパワーを借りれば、きっとあなたにもこんな未来を実現できるはずです♪

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-, ,

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved.