ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

断食

食べてないのに痩せない人の食事はこれが問題だ!

更新日:

居酒屋に行くとお酒も飲んで、揚げ物もたくさん食べるのにスリムな人って必ずいますよね。

自分はそれほどお酒は飲まず、太るような揚げ物やチーズは食べないのになぜ太るのだろう?

そんな理不尽な悩みの裏には、食べたら太ると思う食品への誤解があるのかもしれません。

 

fried-chicken-250863_640

 

1.脂を食べていないから太らないは間違い

結論から言いますと、人間を太らせるのは「脂質」だけではありません。

「脂っぽい食品を食べていないから太らない」という認識が実は誤りなのです。

スリムな人でも、たくさんウォッカやウイスキーなどをたくさん飲みます。

つまみはボリュームたっぷりの揚げ物にチーズ、ナッツ、脂たっぷりの焼肉まで食べているようです。

しかし、今挙げたお酒や食べ物は太りにくいメニューだとしたら驚きませんか。

 

1-1.あなたが食べているメニューはなんだろう

あなたは「あまり飲んでいる自覚はない」と言いながらビール、日本酒やジュースを飲んではいませんか。

脂肪分が少ないと思い、焼きおにぎり、うどん、ポテトフライなどをつまみにしていませんか。

太りやすい食材と、太りにくい食材は確実にあります。

スリムな人が選んでいるメニューを観察していると、ほとんど脂質とタンパク質中心の食材である傾向があります。

これに対して、あなたが選んでしまうメニューには、ある栄養素に偏っている傾向があります。

特定の栄養素が体脂肪の現況となり、肥満する原因となるのです。

それの栄養素は、主食と呼ばれ、価格も安価であることが罠になっています。

 

bread-228939_640

 

2.大部分が中性脂肪になる栄養素とは

 

食べると太る栄養素、それは「糖質」です。

糖質はおにぎりや麺類、揚げ物の小麦粉などの、炭水化物に含まれます。

ご存知の通り、甘さを感じる大部分の食材も糖質になります。

肉、魚、ナッツ、チーズなどには、脂質は多く含まれますが糖質は多く含有されていません。

お酒でも、ビールや日本酒などの醸造酒には糖質が多く含まれます。

焼酎やウイスキーなどの蒸留酒には糖質がほとんど含まれません。

 

2-1.糖質の代謝①糖の貯蔵

糖質は体のエネルギーとなる大切な栄養素です。

消化器へ入ると、ぶどう糖に分解され、腸から吸収されます。

ぶどう糖は体内で、インスリンと言うホルモンの働きによって、グリコーゲンに変化し(代謝)、筋肉と肝臓に貯蔵されます。

グリコーゲンは必要な時に、すぐにぶどう糖へと変化させ(解糖)エネルギーとして使えるのが特徴です。

グリコーゲンのデメリットは、多くの量を保存できないことです。

体に吸収されたぶどう糖は、わずかな量がグリコーゲンへと変えられますが、たくさんの量が余ってしまいます。

 

2-2.糖質の代謝②糖から脂肪へ

ぶどう糖が余るということは、血糖値が高いままになるということです。

高血糖は体にとって有害なため、インスリンは血糖値を下げるために、ぶどう糖を体脂肪に変えて蓄積します。

インスリンは糖質の摂取により分泌され、脂質やタンパク質ではインスリンがほとんど分泌されません。

脂質は過剰な糖質摂取をしない限り、エネルギーとして燃焼されていきます。

このため糖質を摂りすぎることが体内の脂肪を増やして蓄積させて太ることにつながっていきます。

 

3.甘いモノと炭水化物の量を減らそう

脂肪分の多い食品を制限しているのに、太るという方がたくさんいます。

この場合、たいてい炭水化物と甘い物を食べ過ぎていることが原因です。

炭水化物と甘いものは、糖質の塊です。

どちらの問題も、タンパク質や脂質の食材よりも、安価で手にしやすく、量を食べやすいことが問題なのです。

世界中で主食という概念が存在し、日本でもその例外ではありません。

 

3-1.現代の食生活から見た主食のあり方

特に日本は「主食を中心に、副菜は主食を食べるためのもの」という考え方が強いです。

人によっては、主食(炭水化物)80%、副菜20%が当たり前というケースもあります。

昔ながらの日本食であれば、このような構成でも問題無かったでしょう。

しかし、現代の食生活は炭水化物の量も多いうえ、タンパク質も脂質も多くとっています。

いくらタンパク質や脂質が、糖質に比べると太りにくいとは言え、食べ過ぎはNGであることには変わりません。

特に、脂質は単体では問題ありませんが、糖質と脂質を同時に多量にとることは、太るという観点からは最悪の組み合わせです。

食生活を大幅に変えることは難しいですが、糖質は意識的に減らす以外に方法はありません。

 

3-2.糖質の制限は体に悪くない

過去の考え方であれば、糖質の制限は体に悪いとされています。

主食である炭水化物(糖質)を食べないと、力が出ないなどと言われますね。

この考え方は、脳のエネルギーがぶどう糖だという点から、指摘されることです。

しかし、糖質を食べなくても、体は脂肪を分解して必要なだけ、ぶどう糖を作る(糖新生)ことができるのです。

また、ぶどう糖以外にも、脂肪酸から作られるケトン体も、脳のエネルギーになります。

脂肪を消費して痩せるためには、糖質を不足させ、脂肪を分解しぶどう糖を作るプロセスが必要なのです。

つまり、結論として痩せるためには糖質制限を行うことが大切なのです。

他にも、糖質を食べてもカットできるようなサプリメントを使うのも一つの手です。

紹介しているサプリメントは、機能性表示食品と呼ばれ、科学的根拠が正式に解っているサプリメントですから、積極的に活用すると良いでしょう。

>>糖質の吸収を抑える機能性表示食品サプリ「メタバリアスリム」の公式サイトお試し500円+税★<<

 

4.痩せたいのなら

もし、あなたが痩せたいと考え、ダイエット方法を探しているのであれば、糖質制限とプチ断食の組み合わせをおすすめします。

糖質制限は痩せるためには必須です。

しかし、糖質制限に加えて、プチ断食というダイエット方法を組み合わせることで、大幅に痩せることができるでしょう。

プチ断食とは、朝食を食べないようにすることで、前日の夕食から18時間(現実的には16時間程度)食べない時間を作る方法です。

誰もが想像する、厳しい断食とは違い、制限はきつくないため比較的楽に続けやすいのが特徴です。

2つを組み合わせたダイエットで、3ヶ月の期間にに7キロ痩せることが十分可能です。

→プチ断食と糖質制限を組み合わせるとすごい効果が

 

断食

スリムを実感!酵素ドリンクの選び方とは

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。

なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。

そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。
  • またスキニーを履きこなせるようになった!
  • ミニスカートを履いても恥ずかしくなくなった!
  • 夫(彼氏)から「最近キレイだね」と言われるようになった!
酵素ドリンクのパワーを借りれば、きっとあなたにもこんな未来を実現できるはずです♪

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-, ,

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved.