ダイエットマニアが酵素ドリンクを使った本当に痩せるための断食の方法をご紹介します

ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方

断食

食べ過ぎをやめてアトピーがよくなる可能性とは

更新日:

かつて、アトピー性皮膚炎は子どもの病気と言われ、10歳までにほとんどの人が治る病気とされていました。

また、実際に大人になるまでには大多数の人が根治していましたが、現在では大人になっても治らず、しかも重篤な症状であることも多いようです。

病気の大部分は体質を改善することで良くなる傾向があり、体質改善の大部分は食事の改善です。

ステロイドなどで、なんとか症状を抑えている人も、食事の改善によって体の中から問題に向き合うことで、解決に繋がるかもしれません。

この記事では、アトピー性皮膚炎の現時点での有力な原因と、食事による解決の提案を説明していきます。

 

かゆい・頭をかく・アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は現在でも根本的な治療方法がありません。可能性のあることなら試すべきですが、安全でお金のあまりかからない方法から試してみてはいかがでしょうか。

1.アトピーの原因とは

アトピーの正確な原因は現在でも解明されていませんが、いくつか有力な説が分かってきており、意見は概ね3つに絞られつつあります。

体の表面である皮膚などから問題が起こるという見解と、体の内側である腸内環境から問題が起こるという見解に別れますが、場合によっては複合的な要素もあり得ます。

アトピーを治すために、考えられる原因をいくつか知っておくだけでも自分でできることが広がるはずです。

 

1-1.黄色ブドウ球菌説

黄色ブドウ球菌は全ての人の皮膚や腸内に住んでいる常在菌の一つです。

他のブドウ球菌と比較すると、数が多くなると比較的毒性が強くなる菌で、皮膚感染症や食中毒、肺炎などを引き起こす恐れがあります。

アトピー性皮膚炎も汗で「黄色ブドウ球菌」が繁殖し、さらに「ひっかく」ことでさらに病巣が広がることが原因だと言われています。

実際に、アトピーと黄色ブドウ球菌の関係を、慶応大学と米国National Institutes of Healthの研究グループは、マウスを使った実験で突き止めました。

マウスの皮膚の菌バランスを壊して、ブドウ球菌を繁殖させるとアトピー性皮膚炎を発症し、抗生物質で菌の繁殖を抑えると治ることが分かったのです。

異常細菌巣がアトピー性皮膚炎の原因だと確かめられた貴重な実験結果です。

とはいえ、実験結果で分かったことは全てではありません。

今できることは、黄色ブドウ球菌が繁殖する原因である汗をこまめに拭き取ったり、そもそも繁殖させない為にこまめにシャワーを浴びたりすることが大切です。

 

ハウスダスト・ダニ

ハウスダストやダニは昔から原因の一つと言われています。信ぴょう性は微妙な点がありますが、対策はしておくべきでしょう。

1-2.ハウスダスト・ダニ説

以前から言われている原因の一つにハウスダストやダニの死骸という説もあります。

ハウスダスト・ダニの死骸や糞が皮膚に付着したり、吸い込むことでアレルゲンとなることでアトピーを発症すると言われています。

この説はかなり昔から知られていますが、有力な根拠が無く信ぴょう性に乏しいです。

ハウスダストやダニの死骸は、確かにアレルギー抗体の数値を高めます。

しかし、日本よりも遥かに不衛生な海外に住む人は、アレルギー抗体の数値がとても高くても、ほぼアトピー性皮膚炎ではありません。

つまり、何らかの因果関係を否定はできないものの、問題を起こす直接の原因とは考えにくいと言えます。

とは言え、完全に否定することはできないため、できるだけ自宅を清潔に保つことは継続することが必要でしょう。

 

腸内細菌・腸内環境

腸内細菌はたくさんの病気に関わっていると考えられています。アレルギー疾患もその一つです。もちろんアトピーもその中に含まれます。

1-3.腸内環境説

腸は人の体で最大の免疫が集まる場所だと言われています。

何億もの腸内菌が腸内菌叢を作り、時に協力し合い、時に戦いながら、常に免疫と菌との間でバランスを取っています。

それだけの菌が集まる場所なので、体の免疫機能も腸に集中してるのです。

腸内細菌のバランスが崩れると、体調を壊す原因になります。

アトピー性皮膚炎の原因もその一つだと考えられ、特に食べ過ぎは重要な要素と言われています。

腸壁は体に不要な物が入らないのための機能が働いており、細菌やウイルスに限らず栄養素も消化・分解されて、細かな分子にならなければ、腸壁から本来は吸収できない機構になっています。

しかし、食べ過ぎによって腸壁が炎症を起こすと一変し、炎症の傷から本来通過できないはずの、消化が不完全で大きな分子や、細菌などが侵入しやすくなります。

たとえ栄養素であっても、本来吸収できない大きさの物が入ることは体にとって異物です。

体は異物を攻撃しようとして免疫が過剰に働くようになります。

このような異物の侵入が、アトピーや花粉症を含めて、様々なアレルギー性疾患の原因になります。

 

・アトピーと腸内細菌の関係

アトピー性皮膚炎の原因には腸壁の傷以外にも「腸内細菌」が深く関わっています。

腸内細菌は酵母菌など、多種多様な菌類などが「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と呼ばれる、絨毯なような広がりを作ります。

腸内細菌叢の中では、体に良い働きを持つ善玉菌、体に悪い働きをする悪玉菌、普段は良いことも悪いこともしなけれど、悪玉菌が優勢になると一緒になって悪さをする日和見菌が、バランスを取りながら共栄しますがバランスを崩すと体に問題を起こします。

例えば、肉類を食べ過ぎると、腸内で食べ物が腐敗してアンモニアなどの毒素を撒き散らすようになり、この毒素も各種アレルギー疾患の原因となります。

アトピー性皮膚炎もその中の一つと考えることができます。

 

戸締まり治療論

腸内環境を整えて、体にアレルゲンになる異物の侵入を防ぐ、戸締まり治療論。

2.塗り薬なども良いが身体の中から変えていく方が早い

アトピー性皮膚炎の原因として「食べ過ぎ」による肉類の腐敗を挙げましたが、食べ過ぎは健康を害する元です。

いくらステロイドなどの塗り薬や漢方で症状を抑えても、食生活が改善しなければ根本的な解決に至らないと考えられます。

身体の中から起こっている問題は、身体の中から改善することで解決できる可能性があります。

また、身体の中の環境を変えるということは、ほぼ9割が「食生活の改善」と言っても過言ではありません。

さらに言うと食生活の改善とは「食べ過ぎを戒めること」と言えます。

どれだけ良い物を食べても、食べ過ぎは害となります。

 

2-1.戸締まりしてアレルゲンの侵入を許すな!戸締まり治療論

私達の身体は空腹にはとても強くできていますが、食べ過ぎに耐性はほとんどありません。

食べ過ぎると余った養分は内臓にダメージを与えて、先ほども説明したようにアトピー性皮膚炎など、様々な健康を脅かす病気の元となります。

もちろん、摂り過ぎたカロリーは皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されて、そう簡単には消費されずに様々な生活習慣病の元となります。

アトピー性皮膚炎がなかなか治らずに困ってのであれば、視点を変えてみるというアプローチも検討すべきです。

まず、自分が食べている物に注意を払ってみて「食べ過ぎではないか」「肉類ばかり食べていないか」を確認してみてください。

もし、思い当たるフシがあるのであれば、騙されたと思って食べ過ぎや肉類の摂り過ぎをストップしてみましょう。

このように、食べ過ぎをやめて腸壁から異物の侵入を防ぐことと、肉類ばかり食べて毒素の発生を抑えることは、体に問題のある物質が入らないようにすることから「戸締り治療論」と言います。

しっかりと腸壁を戸締まりし、アレルゲンが入ってこなければアレルギーに悩まされる必要は無くなるという考え方です。

 

2-2.戸締まり治療論を実践するなら半日断食(プチ断食)がおすすめ

戸締まり治療論を早期に実感したいのであれば、半日断食がおすすめです。

半日断食とは毎日16〜18時間の「半日だけ断食」する健康法で、最近ではダイエットで取り組む方が多いですね。

みるみるうちに痩せることができることから、ダイエットで人気に火が点きましたが、本来は様々な健康問題を治療するための方法で、腸内環境を正常化できるため、アトピー性皮膚炎やアレルギー性疾患にとても有効です。

半日断食であれば、お金はほとんど掛かりません。リスクもありません。

高額な治療をする前に、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

→半日断食の効果を最大限に引き出す方法とは

 

断食

スリムを実感!酵素ドリンクの選び方とは

断食ダイエットを成功させるために酵素ドリンクは欠かせません。 なぜなら、断食ダイエットを安全で楽しいものにしてくれるからです。 そして、断食ダイエットの成功のカギを握っているのは酵素ドリンク選びです。
  • またスキニーを履きこなせるようになった!
  • ミニスカートを履いても恥ずかしくなくなった!
  • 夫(彼氏)から「最近キレイだね」と言われるようになった!
酵素ドリンクのパワーを借りれば、きっとあなたにもこんな未来を実現できるはずです♪

↓↓ランキングを見てみる↓↓

必ず利用したいダイエットドリンク

断食ダイエットの基礎知識

日数別断食メニュー

-断食
-,

Copyright© ダイエットマニアが教える断食と酵素ドリンクの選び方 , 2017 AllRights Reserved.